ホーム > アルバム > CDAccordACD245 K.A. ハルトマン:弦楽四重奏団第1番「カリヨン」, 第2番(アイリス弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDAccordACD245
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アントン・ウェーベルン Anton Webern , カール・アマデウス・ハルトマン Karl Amadeus Hartmann
アーティスト
アイリス弦楽四重奏団 Airis String Quartet

K.A. ハルトマン:弦楽四重奏団第1番「カリヨン」, 第2番(アイリス弦楽四重奏団)

HARTMANN, K.A.: String Quartets Nos. 1, "Carillon" and 2 (Airis String Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD245

全トラック選択/解除

カール・アマデウス・ハルトマン - Karl Amadeus Hartmann (1905-1963)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 「カリヨン」

String Quartet No. 1, "Carillon"

録音: January 2018, Concert Hall of the Karol Szmanowski Academy of Music, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6979185
**:**
»  I. Langsam - Sehr lebhaft
1.

-

**:**
»  II. Con sordino
2.

-

**:**
»  III. Con tutta forza
3.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第2番

String Quartet No. 2

録音: January 2018, Concert Hall of the Karol Szmanowski Academy of Music, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6979186
**:**
»  I. Langsam
4.

-

**:**
»  II. Andantino
5.

-

**:**
»  III. Presto
6.

-

アントン・ウェーベルン - Anton Webern (1883-1945)

**:**
緩徐楽章
7.

Langsamer Satz

録音: January 2018, Concert Hall of the Karol Szmanowski Academy of Music, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6979187
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/09/01
ドイツの作曲家ハルトマン。8曲の交響曲やヴァイオリン協奏曲「葬送協奏曲」など、戦争への抗議を込めた作品で知られます。時にはクラスターなどの前衛的で野心的な作風を用いながらも、過去の作品、とりわけブルックナーやマーラーの影響も感じさせる強烈な色彩感を持つ音楽を書いています。第二次世界大戦後はドイツ音楽界の重鎮として活躍。ドナウエッシンゲン音楽祭の運営にも関与するなど、現代音楽の発展にも大きく寄与しました。ヘルマン・シェルヘンに捧げられた弦楽四重奏曲第1番「カリヨン」は1935年、ジュネーヴ作曲コンクールの最優秀賞を受賞した作品。冒頭の沈痛な旋律はユダヤ民謡が由来です。耽美的な第2楽章、激しい第3楽章と、全体がメリハリのある構成です。タイトルを持たない第2番は、妻エリザベスに捧げられており、第1番よりも成熟した作風を有しています。また、アルバムの最後には、彼の師であるウェーベルンの美しい「緩徐楽章」を収録。ポーランドの若い世代を代表する奏者たちによるアイリス弦楽四重奏団の緊密な演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。