ホーム > アルバム > CDAccordACD268 ヴァインベルク:弦楽四重奏曲第14番、第15番/3つの詩篇(フレシェル/シレジアン弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDAccordACD268
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
ミェチスワフ・ヴァインベルク Mieczysław Weinberg
作詞家
ミハイル・レールモントフ Mikhail Lermontov
アーティスト
シレジアン弦楽四重奏団 Silesian String Quartet , ヨアンナ・フレシェル Joanna Freszel

ヴァインベルク:弦楽四重奏曲第14番、第15番/3つの詩篇(フレシェル/シレジアン弦楽四重奏団)

WEINBERG, M.: String Quartets Nos. 14 and 15 / 3 Palms (Freszel, Silesian String Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD268

全トラック選択/解除

ミェチスワフ・ヴァインベルク - Mieczysław Weinberg (1919-1996)

**:**
弦楽四重奏曲第14番 Op. 122

String Quartet No. 14, Op. 122

録音: 2019, Karol Szymanowski Academy of Music Concert Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7660290
**:**
»  I. quarter note = 96
1.

-

**:**
»  II. quarter note = 63
2.

-

**:**
»  III. quarter note = 108
3.

-

**:**
»  IV. dotted quarter note = 54
4.

-

**:**
»  V. quarter note = 152
5.

-

 
**:**
3つの詩篇 Op. 120
6.

3 Palms, Op. 120

録音: 2019, Karol Szymanowski Academy of Music Concert Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7661109
 
**:**
弦楽四重奏曲第15番 Op. 124

String Quartet No. 15, Op. 124

録音: 2019, Karol Szymanowski Academy of Music Concert Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7661110
**:**
»  I. quarter note = 69
7.

-

**:**
»  II. quarter note = 56
8.

-

**:**
»  III. dotted quarter note = 84
9.

-

**:**
»  IV. quarter note = 112
10.

-

**:**
»  V. quarter note = 192
11.

-

**:**
»  VI. quarter note = 176
12.

-

**:**
»  VII. quarter note = 72
13.

-

**:**
»  VIII. quarter note = 80
14.

-

**:**
»  IX. quarter note = 60
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/02/01
ポーランドのユダヤ系家庭に生まれてソヴィエトに亡命し、スターリンの弾圧に遭うなど“悲劇の作曲家”として、またショスタコーヴィチとの友情などで近年注目が高まってきたヴァインベルク。このアルバムはシレジアン弦楽四重奏団によるヴァインベルクの弦楽四重奏曲全曲録音の第4作目となります。収録されているのは1970年代後半に書かれた第14番と15番と、同時期に書かれた「3本の椰子の木」の3曲で、作曲家が若き日に陶酔したマーラーの影響が見て取れる第14番は5つの楽章がアタッカで切れ目なく演奏され、楽章ごとにメトロノーム記号だけが標示されています。第15番は珍しい9楽章からなり、やはり楽章タイトルにはメトロノーム記号のみが記されています。この曲はバルトークの影響も指摘されており、献呈されたのも、ソヴィエトで初めてバルトーク作品を演奏したボロディン弦楽四重奏団のチェリストを含む若き奏者たちでした。シェーンベルクに影響されたとされる「3本の椰子の木」はソプラノ独唱を伴う歌曲で、ヴァインベルクはこの曲をカンタータと称しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。