ホーム > アルバム > CDAccordACD273 モシュコフスキ:前奏曲とフーガ Op. 85/ヴァイオリン協奏曲/5つのスペイン舞曲(ダニエフスキ/マスランカ/ウェスト・サイド・シンフォニエッタ/クレイネル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDAccordACD273
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
モーリッツ・モシュコフスキ Moritz Moszkowski
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ウェスト・サイド・シンフォニエッタ West Side Sinfonietta , マチェイ・クウォポツキ Maciej Kłopocki , アグニェシュカ・クレイネル Agnieszka Kreiner , ミハウ・シチンスキ Michał Siciński , ヤチェク・ソスナ Jacek Sosna , マルチン・ダニエフスキ Marcin Danilewski , アルトゥール・トカレク Artur Tokarek , クシシュトフ・ドマンスキ Krzysztof Domański , パヴェウ・マスランカ Paweł Maślanka , マテウシュ・ロゼク Mateusz Rożek

モシュコフスキ:前奏曲とフーガ Op. 85/ヴァイオリン協奏曲/5つのスペイン舞曲(ダニエフスキ/マスランカ/ウェスト・サイド・シンフォニエッタ/クレイネル)

MOSZKOWSKI, M.: Prelude and Fugue, Op. 85 / Violin Concerto / 5 Spanische Tanze (Danilewski, Maślanka, West Side Sinfonietta, A. Kreiner)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD273

全トラック選択/解除

モーリッツ・モシュコフスキ - Moritz Moszkowski (1854-1925)

**:**
前奏曲とフーガ Op. 85

Prelude and Fugue, Op. 85

録音: 27-29 May 2019, Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8071138
**:**
»  Prelude
1.

-

**:**
»  Fugue
2.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 Op. 30

Violin Concerto in C Major, Op. 30

録音: 27-29 May 2019, Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8071139
**:**
»  I. Allegro comodo
3.

-

**:**
»  II. Andante
4.

-

**:**
»  III. Vivace
5.

-

 
**:**
5つのスペイン舞曲 Op. 12 (室内アンサンブル編)

5 Spanische Tanze, Op. 12 (arr. for chamber ensemble)

録音: 27-29 May 2019, Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8071140
**:**
»  No. 1. Allegro brioso
6.

-

**:**
»  No. 2. Moderato
7.

-

**:**
»  No. 3. Con moto
8.

-

**:**
»  No. 4. Allegro comodo
9.

-

**:**
»  No. 5. Bolero: Con spirito
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/07/01
NFMヴロツワフ・フィルハーモニー管弦楽団とシュチェチン・フィルハーモニー交響楽団。西ポーランドの2つのオーケストラの奏者たちによるアンサンブル「ウェスト・サイド・シンフォニエッタ」が演奏するモシュコフスキの作品集。アンサンブルは特定の指揮者を持たず、代わりにコンサートマスターのマルチン・ダニレフスキとパヴェル・マスランカが指揮を務めています。アンサンブルのレパートリーは幅広く、とりわけハイドンやモーツァルトなどウィーン古典派の作品や、シュトラウス・ファミリー、レハールと言った「サロン音楽」を得意としていますが、今回はポーランドを代表する作曲家モシュコフスキの作品を共感込めて演奏。なかでもダニレフスキがソロを務めるヴァイオリン協奏曲の優雅な調べが聞きどころです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。