ホーム > アルバム > CDAccordACD278 シュニトケ:静寂の音楽/チェロ・ソナタ第1番/ピアノ三重奏曲(アダストラ・ピアノ三重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDAccordACD278
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アルフレード・シュニトケ Alfred Schnittke
アーティスト
アダストラ・ピアノ三重奏団 Adastra Piano Trio , ヨアンナ・ガロン=フラント Joanna Galon-Frant , アンナ・シャベルカ Anna Szabelka , ウカシュ・フラント Łukasz Frant

シュニトケ:静寂の音楽/チェロ・ソナタ第1番/ピアノ三重奏曲(アダストラ・ピアノ三重奏団)

SCHNITTKE, A.: Stille Musik / Cello Sonata No. 1 / Piano Trio (Adastra Piano Trio)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD278

全トラック選択/解除

アルフレード・シュニトケ - Alfred Schnittke (1934-1998)

**:**
チェロ・ソナタ第1番

Cello Sonata No. 1

録音: June 2019, Concert Hall of the Karol Szymanowski Academy of Music, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8748789
**:**
»  I. Largo
1.

-

**:**
»  II. Presto
2.

-

**:**
»  III. Largo
3.

-

 
**:**
きよしこの夜
4.

Stille Nacht

録音: June 2019, Concert Hall of the Karol Szymanowski Academy of Music, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8748790
 
**:**
静寂の音楽
5.

Stille Musik

録音: June 2019, Concert Hall of the Karol Szymanowski Academy of Music, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8748791
 
**:**
ムジカ・ノスタルジア
6.

Musica nostalgica

録音: June 2019, Concert Hall of the Karol Szymanowski Academy of Music, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8748792
 
**:**
ピアノ三重奏曲

Piano Trio

録音: June 2019, Concert Hall of the Karol Szymanowski Academy of Music, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8748793
**:**
»  I. Moderato
7.

-

**:**
»  II. Allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/06/01
ソ連時代に活躍したドイツ・ユダヤ系作曲家アルフレード・シュニトケ。映画音楽の分野でも活躍し、芸術音楽と軽音楽の融合を目指した彼の作品は、非常に前衛的なものから聴きやすいものまで多種多彩であり、このアルバムでも様々な作品を聴くことができます。代表作の一つ、「チェロとピアノのためのソナタ第1番」は断片的な音楽の素材を組み立てて、全体に統合するというアイディアに基づいたもの。「Stille Nacht 静寂の夜(きよしこの夜)」は有名なクリスマスソングのパロディで、スコルダトゥーラ(変則調弦)によるヴァイオリンの歪んだ旋律に、オスティナートで奏されるピアノの嬰ハ音が絡み、穏やかで平和な雰囲気のはずの音楽に不穏な気配を忍び込ませています。「Stille Musik 静寂の音楽」は少ない音符によって緊張感を醸し出し、「ムジカ・ノスタルジカ」(原曲は映画音楽)はバロック音楽のパロディのようです。「ピアノ三重奏曲」はアルバン・ベルク協会からの委嘱作で、ウィーン後期ロマン派風の響きが引用されており、1946年から48年にかけてウィーンで暮らしていたシュニトケのこの地への愛着が感じられます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。