ホーム > アルバム > CDAccordACD314 レオポリタ:復活祭のミサ曲/レスルゲンテ・クリスト・ドミノ(シェレスト/ヴロツワフ・バロック・アンサンブル/コセンジャク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDAccordACD314
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 器楽曲
作曲家
シャモトゥウェのヴァツラフ Wacław z Szamotuł, , 不詳 Anonymous , ジョヴァンニ・フランチェスコ・マッフォン Giovanni Francesco Maffon , マルチン・レオポリタ Marcin Leopolita
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ヴロツワフ・バロック・アンサンブル Wrocław Baroque Ensemble , アンジェイ・コセンジャク Andrzej Kosendiak , マルチン・シェレスト Marcin Szelest

レオポリタ:復活祭のミサ曲/レスルゲンテ・クリスト・ドミノ(シェレスト/ヴロツワフ・バロック・アンサンブル/コセンジャク)

LEOPOLITA, M.: Missa Paschalis / Resurgente Christo Domino (Martinus Leopolitanus) (Szelest, Wrocław Baroque Ensemble, Kosendiak)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD314

全トラック選択/解除

不詳 - Anonymous

**:**
第2旋法によるファンタジア(Gdańsk tablature, Church of St Mary, Gdańsk, ca. 1570)
1.

Phanthasia secundi toni [Gdańsk tablature, Church of St Mary, Gdańsk, ca. 1570]

録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001651

マルチン・レオポリタ - Marcin Leopolita (-1589)

**:**
Mihi autem nimis honorati sunt amici tui Deus - Gloria Patri (Introitus de Commune Apostolorum)
2.
録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001665
 
**:**
主の霊は全地を満たす - 父に栄光あれ
3.

Spiritus Domini replevit orbem terrarum - Gloria Patri (Introitus in festo Pentecostes)

録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001666
 
**:**
Cibavit eos ex adipe frumenti Alleluia (Introitus in feria secunda infra Octavam Pentecostes)
4.
録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001667

シャモトゥウェのヴァツラフ - Wacław z Szamotuł, (1524-1560)

**:**
Nunc scio vere - 父に栄光あれ
5.

Nunc scio vere - Gloria Patri (Introitus in die Apostolorum Petri et Pauli)

録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001668

マルチン・レオポリタ - Marcin Leopolita (-1589)

**:**
パドゥアーナ - ガリアルダ
6.

Paduana - Galliarda

録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001669
 
**:**
Resurgente Christo Domino
7.
録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001670

不詳 - Anonymous

**:**
Resurrexi et adhuc tecum sum [Introitus in festo Paschae, Łowicz tablature, ca. 1580]
8.
録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001671

マルチン・レオポリタ - Marcin Leopolita (-1589)

**:**
復活祭のミサ曲(抜粋)

Missa Paschalis (excerpts)

録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001672
**:**
»  Kyrie
9.

-

**:**
»  Gloria
10.

-

**:**
ファンタジア ニ短調
11.

Fantasia in D Minor

録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001673

不詳 - Anonymous

**:**
Prosa de Resurrectione D(omini) N(ostri) J(esu) C(hristi) (Victimae Paschali - Agnus redemit oves - Dic nobis Maria -Tropus ad placitum - Credendum est magis)
12.
録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001674

マルチン・レオポリタ - Marcin Leopolita (-1589)

**:**
復活祭のミサ曲 - クレド
13.

Missa Paschalis: Credo

録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001675
**:**
ファンタジア ト短調
14.

Fantasia in G Minor

録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001676

マルチン・レオポリタ - Marcin Leopolita (-1589)

**:**
復活祭のミサ曲(抜粋)

Missa Paschalis (excerpts)

録音: 7-9 July 2022, Basilica of St. Andrew the Apostle, Olkusz, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10001677
**:**
»  Sanctus - Benedictus
15.

-

**:**
»  Agnus Dei
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/01/01
16世紀ポーランドの作曲家マルチン・レオポリタの貴重な宗教音楽集。作曲家レオポリタに関する資料や記録は極めて少なく、その生涯には不明なことが多いのですが、現ウクライナのリヴィウ、当時はポーランド領ルヴフの生まれと推測されています。現存する彼の作品はここに収められたものがすべてで、Missa Paschalis(復活祭のミサ曲)は16世紀ポーランドで書かれたミサ曲の中で唯一完全な形で今に伝えられているものとして貴重です。アンジェイ・コセンジャクとヴロツワフ・バロック・アンサンブルが2021年にリヴィウ、キーウ、ビリニュスに招待された時に、このミサ曲をプログラムに載せて好評を得たことから録音が実現しました。彼らによる「ポーランドのバロック以前の作品集」の第12作となります。極小編成の男声アンサンブル(カウン ターテナー2/テノール2/バス2)による清冽な歌唱は、時空を超えてウクライナ西部の歴史へと想いを誘うようです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。