ホーム > アルバム > CDAccordACD324 グレツキ:序曲/コンチェルト=ノットゥルノ/アコーディオン協奏曲/ディヴェルティメント(フロンツキエヴィチ/ヤコヴィツ/ワルシャワ室内フィル/レウタク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDAccordACD324
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ミコライ・グレツキ Mikołaj Górecki
アーティスト
マチェイ・フロンツキエヴィチ Maciej Frąckiewicz , ヤクブ・ヤコヴィツ Jakub Jakowicz , ヤン・レウタク Jan Lewtak , ワルシャワ・フィルハーモニー室内管弦楽団 Warsaw Philharmonic Chamber Orchestra

グレツキ:序曲/コンチェルト=ノットゥルノ/アコーディオン協奏曲/ディヴェルティメント(フロンツキエヴィチ/ヤコヴィツ/ワルシャワ室内フィル/レウタク)

GORECKI, M.: Overture / Concerto-Notturno / Accordion Concerto / Divertimento (Frąckiewicz, Jakowicz, Warsaw Philharmonic Chamber Orchestra, Lewtak)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD324

全トラック選択/解除

ミコライ・グレツキ - Mikołaj Górecki (1971-)

**:**
序曲(弦楽オーケストラ版)
1.

Overture, Op. 16 (version for string orchestra)

録音: 30 April - 2 May 2023, Warsaw Philharmonic Concert Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10262959
 
**:**
3つの断章 Op. 6

3 Fragments, Op. 6

録音: 30 April - 2 May 2023, Warsaw Philharmonic Concert Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10262960
**:**
»  No. 1. Lento. Sempre molto legato e molto cantabile
2.

-

**:**
»  No. 2. Ritmico
3.

-

**:**
»  No. 3. Lento
4.

-

 
**:**
コンチェルト・ノットゥルノ Op. 13

Concerto-Notturno, Op. 13

録音: 30 April - 2 May 2023, Warsaw Philharmonic Concert Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10262961
**:**
»  I. Lento
5.

-

**:**
»  II. Allegro
6.

-

**:**
»  III. Molto lento
7.

-

 
**:**
アコーディオン協奏曲 Op. 61

Accordion Concerto, Op. 61

録音: 30 April - 2 May 2023, Warsaw Philharmonic Concert Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10262962
**:**
»  I. Lento
8.

-

**:**
»  II. Andante
9.

-

**:**
»  III. Vivo
10.

-

 
**:**
ディヴェルティメント

Divertimento, Op. 32

録音: 30 April - 2 May 2023, Warsaw Philharmonic Concert Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10262963
**:**
»  I. Lento espressivo e legato
11.

-

**:**
»  II. Con moto, ma non tanto
12.

-

**:**
»  III. Allegro
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/07/01
20世紀ポーランドを代表する作曲家ヘンリク・グレツキを父に持つミコワイ・グレツキの作品集。現在アメリカに在住するミコワイは、父の音楽的遺産を継承しながら、独自の美的感覚に裏打ちされた耳なじみのよい作品を多数発表しています。このアルバムには1998年から2022年までに書かれた5作品を収録。快活な曲想を持つ「序曲」以外は、どの曲も冒頭にゆったりとしたLento楽章が置かれていますが、これらはどれも、どこか彼の父の名作「悲歌のシンフォニー」を彷彿させる美しい曲です。民謡風の旋律とヴァイオリンの妙技が楽しめる「コンチェルト=ノットゥルノ」、90曲近くの作品の初演を行ったマチェイ・フロンツキエヴィチに捧げられた、郷愁溢れる旋律が印象的な「アコーディオン協奏曲」。そして静かな楽章と激しい楽章の対比が素晴らしい「ディヴェルティメント」を楽しめます。創立者ヤン・レウタクが芸術監督を務めるワルシャワ・フィルハーモニー室内管弦楽団は、注目すべきポーランドの室内楽作品の紹介を積極的に行っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。