ホーム > アルバム > CDK0030 カリンニコフ:交響曲第1番/リムスキー=コルサコフ:オペラからの管弦楽作品集(ソビエト国立響/スヴェトラーノフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDK0030
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴァシリー・セルゲイエヴィチ・カリンニコフ Vasily Sergeyevich Kalinnikov , ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov
アーティスト
エフゲニー・スヴェトラーノフ Evgeny Svetlanov , ソビエト国立交響楽団 USSR State Symphony Orchestra

カリンニコフ:交響曲第1番/リムスキー=コルサコフ:オペラからの管弦楽作品集(ソビエト国立響/スヴェトラーノフ)

KALINNIKOV, V.S.: Symphony No. 1 / RIMSKY-KORSAKOV, N.A.: Orchestral Music from Operas (USSR State Symphony, Svetlanov)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDK0030

全トラック選択/解除

ヴァシリー・セルゲイエヴィチ・カリンニコフ - Vasily Sergeyevich Kalinnikov (1866-1901)

**:**
交響曲第1番 ト短調

Symphony No. 1 in G Minor

録音: 1975
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4498589
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante commodamente
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro non troppo - Moderato assai
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro moderato
4.

-

ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ - Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov (1844-1908)

**:**
歌劇「貴族婦人ヴェラ・シェロガ」 Op. 54 - 序曲
5.

Boyarinya Vera Sheloga (The Noblewoman Vera Sheloga), Op. 54: Overture

録音: 1985
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4498631
 
**:**
歌劇「プスコフの娘」 - 序曲
6.

The Maid of Pskov (Pskovityanka): Overture

録音: 1985
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4498632
 
**:**
歌劇「プスコフの娘」 - 第2幕 間奏曲
7.

Pskovityanka (The Maid of Pskov), Act II: Intermezzo

録音: 1985
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4498633
 
**:**
歌劇「プスコフの娘」 - 第1幕 間奏曲
8.

Pskovityanka (The Maid of Pskov), Act I: Intermezzo

録音: 1985
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4498634
 
**:**
歌劇「プスコフの娘」 - 第3幕 森にて - 皇帝の狩り - 嵐 - 音画
9.

Pskovityanka (The Maid of Pskov), Act III: In the Woods - Tsar's Hunting - Storm - Musical Picture

録音: 1985
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4498635
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2015/12/03
カリンニコフといえば、テオドール・クチャル&ウクライナ国立交響楽団のNAXOS盤が大ベストセラーとなり、一躍有名になりました。彼の交響曲の録音はクチャル盤以前にも多数あり、その中でも外せない名盤がこのスヴェトラーノフ盤です。第1番冒頭のあの哀愁ただようメロディ。ただでさえ心に突き刺さるメロディを、スヴェトラーノフはさらに濃く聴かせます。緩徐楽章のカンタービレも涙なしには聴けません。そして超快速のフィナーレ。全楽章においてスヴェトラーノフ節全開です。ほかの録音ではなかなか聴けないブラスの咆哮も心地よいです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。