ホーム > アルバム > CDR90000-056 チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番、第3番

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDR90000-056
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky
アーティスト
フェルメール四重奏団 Vermeer Quartet

チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番、第3番

TCHAIKOVSKY: String Quartets Nos. 1 and 3

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDR90000-056

全トラック選択/解除

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 Op. 11

String Quartet No. 1 in D Major, Op. 11

録音: October 1999, May 2000, WFMT, Chicago, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116246
**:**
»  I. Moderato e semplice
1.

-

**:**
»  II. Andante cantabile
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro non tanto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro giusto
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第3番 変ホ短調 Op. 30

String Quartet No. 3 in E-Flat Minor, Op. 30

録音: October 1999, May 2000, WFMT, Chicago, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116247
**:**
»  I. Andante sostenuto. Allegro moderato. Andante sostenuto
5.

-

**:**
»  II. Allegretto vivo e scherzando
6.

-

**:**
»  III. Andante funebre e doloroso ma con moto
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro non troppo e risoluto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2012/03/28
チャイコフスキーの作曲した弦楽四重奏曲のうち、最も知られている第1番Op.11は31才の時の作品で、民謡の旋律を取り入れた第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」を1876年モスクワで聴いた文豪トルストイが涙したというエピソードは有名ですが、ツルゲーネフの姿もあったというモスクワの貴族会館での初演は、完成の翌月1871/3/28に行われました。親友への哀悼歌の第3番と併せてどうぞ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。