ホーム > アルバム > CDR90000-158 ジェフスキー:「不屈の民」変奏曲/フォー・ハンズ(オッペンス/ローウェンタール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDR90000-158
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フレデリック・ジェフスキー Frederic Rzewski
アーティスト
アーシュラ・オッペンス Ursula Oppens , ジェローム・ローウェンタール Jerome Lowenthal

ジェフスキー:「不屈の民」変奏曲/フォー・ハンズ(オッペンス/ローウェンタール)

RZEWSKI, F.: People United will never be Defeated (The) / Four Hands (Oppens, Lowenthal)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDR90000-158

全トラック選択/解除

フレデリック・ジェフスキー - Frederic Rzewski (1938-)

**:**
「不屈の民」変奏曲

The People United will never be Defeated

録音: 11-13, 15 December 2014
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4322708
**:**
»  Theme: With determination
1.

-

**:**
»  Variation 1: Weaving: delicate but firm
2.

-

**:**
»  Variation 2: With firmness
3.

-

**:**
»  Variation 3: Slightly slower, with expressive nuances (quarter note = ca. 88)
4.

-

**:**
»  Variation 4: Marcato - With determination
5.

-

**:**
»  Variation 5: Dreamlike, frozen
6.

-

**:**
»  Variation 6: Same tempo as beginning
7.

-

**:**
»  Variation 7: Tempo (Lightly, impatiently)
8.

-

**:**
»  Variation 8: With agility; not too much pedal; crisp
9.

-

**:**
»  Variation 9: half note = 48, Evenly
10.

-

**:**
»  Variation 10: Comodo, recklessly (quarter note = 96)
11.

-

**:**
»  Variation 11: Tempo I (quarter note = 106)
12.

-

**:**
»  Variation 12
13.

-

**:**
»  Variation 13: quarter note = 72 or slightly faster
14.

-

**:**
»  Variation 14: A bit faster, optimistically
15.

-

**:**
»  Variation 15: Flexible, like an improvisation
16.

-

**:**
»  Variation 16
17.

-

**:**
»  Variation 17: L.H. strictly half note = 36, R.H. freely, roughly as in space
18.

-

**:**
»  Variation 18: quarter note = 72
19.

-

**:**
»  Variation 19: dotted quarter note = 144, With energy
20.

-

**:**
»  Variation 20: Crisp, precise, quarter note = 144
21.

-

**:**
»  Variation 21: quarter note = 108, Relentless, uncompromising
22.

-

**:**
»  Variation 22: quarter note = 132
23.

-

**:**
»  Variation 23: As fast as possible, with some rubato
24.

-

**:**
»  Variation 24: quarter note = 72
25.

-

**:**
»  Variation 25: quarter note = ca. 84, with fluctuations
26.

-

**:**
»  Variation 26: quarter note = 168, In a militant manner
27.

-

**:**
»  Variation 27: (quarter note = 72) Tenderly, and with a hopeful expression
28.

-

**:**
»  Variation 28: quarter note = 160
29.

-

**:**
»  Variation 29: quarter note = 144-152
30.

-

**:**
»  Variation 30: (quarter note = 84)
31.

-

**:**
»  Variation 31: (quarter note = 106)
32.

-

**:**
»  Variation 32
33.

-

**:**
»  Variation 33
34.

-

**:**
»  Variation 34
35.

-

**:**
»  Variation 35
36.

-

**:**
»  Variation 36
37.

-

**:**
»  Cadenza
38.

-

**:**
»  Thema: Tempo I
39.

-

 
**:**
フォー・ハンズ

Four Hands

録音: 11-13, 15 December 2014
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4322709
**:**
»  I. quarter note = 96-104
40.

-

**:**
»  II. senza misura (ca. 30 seconds per line)
41.

-

**:**
»  III. quarter note = 72
42.

-

**:**
»  IV. quarter note = 96
43.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/10/01
チリの「ヌエバ・カンシオン=新しい歌」の代表ともいえるセルヒオ・オルテガ作の「不屈の民」は、1973年のチリ・クーデターの後に国際的に有名になり、世界中の様々な抵抗運動で用いられ、そのメロディも形を変えて伝播しています。なかでも、このジェフスキー(1938-)が書いた36の変奏曲は、数多い現代音楽の中でも異例の人気を誇っています。主題そのものは単純で誰もが歌えますが、そのあとに続く変奏曲は超絶技巧が求められるものです。アバンギャルドからジャズまで多様な様式を持つ変奏を聴いているだけでも途方にくれてしまうかもしれません。ここでピアノを演奏しているウルスラ・オッペンスはこの曲の作曲ををジェフスキーに依頼した立役者。1976年の「アメリカ建国200年記念音楽祭」でこの曲の初演を担った彼女ですが、今回初演40周年を記念して、再度の録音が実現したというものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。