ホーム > アルバム > CDR90000-161 ライヒ:マレット四重奏曲/セクステット/ナゴヤ・マリンバ/木片のための音楽(サード・コースト・パーカッション)

ライヒ:マレット四重奏曲/セクステット/ナゴヤ・マリンバ/木片のための音楽(サード・コースト・パーカッション)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDR90000-161
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
スティーヴ・ライヒ Steve Reich
アーティスト
ショーン・コナーズ Sean Connors , サード・コースト・パーカッション Third Coast Percussion , マシュー・デュヴァル Matthew Duvall , オリヴァー・ハーゲン Oliver Hagen , デイヴィッド・フレンド David Friend , ピーター・マーティン Peter Martin

ライヒ:マレット四重奏曲/セクステット/ナゴヤ・マリンバ/木片のための音楽(サード・コースト・パーカッション)

REICH, S.: Mallet Quartet / Sextet / Nagoya Marimbas / Music for Pieces of Wood (Third Coast Percussion)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDR90000-161

全トラック選択/解除

スティーヴ・ライヒ - Steve Reich (1936-)

**:**
マレット・クァルテット

Mallet Quartet

録音: 15-19 December 2014, Debartolo Performing Arts Center, University of Notre Dame, Notre Dame, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4544188
**:**
»  I. Fast
1.

-

**:**
»  II. Slow
2.

-

**:**
»  III. Fast
3.

-

 
**:**
セクステット

Sextet

録音: 15-19 December 2014, Debartolo Performing Arts Center, University of Notre Dame, Notre Dame, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4544189
**:**
»  I. Fast
4.

-

**:**
»  II. Moderate
5.

-

**:**
»  III. Slow
6.

-

**:**
»  IV. Moderate
7.

-

**:**
»  V. Fast
8.

-

 
**:**
ナゴヤ・マリンバ
9.

Nagoya Marimbas

録音: 15-19 December 2014, Debartolo Performing Arts Center, University of Notre Dame, Notre Dame, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4544190
 
**:**
木片のための音楽
10.

Music for Pieces of Wood

録音: 15-19 December 2014, Debartolo Performing Arts Center, University of Notre Dame, Notre Dame, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4544191
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/02/01
20世紀が終わる頃、スティーヴ・ライヒ(1936-)の音楽は爆発的な人気を誇っていました。ミニマル・ミュージックの先駆者として、当時のニューヨーカー誌では「現代における最も独創的な音楽思想家」とまで讃えられるほど、その音楽とスタイルは独特なものであり、ジャンルを越えた芸術家たちにも強い影響を与えたのです。このアルバムで一連のライヒ作品を演奏している「サード・コースト・パーカッション」は、そんな時代を知らない「若い世代」のプレイヤーによって結成されているアンサンブルです。彼らがこの世に生を受けたときには、ライヒの音楽は当たり前のように身近にあり、すでに過去の偉大なる存在となっていたのです。2016年に80歳の誕生日を迎えるライヒを祝してのこのアルバムには、当時のクロノス・カルテットのような熱さとは違う、客観的な感情が見てとれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。