ホーム > アルバム > CDR90000-183 サーリアホ:トカール/クラウド・トリオ/ライト・アンド・マター/アウレ/聖杯の劇場(ジェニファー・コー/ホアン・シンヤン/カルットゥネン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDR90000-183
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
カイヤ・サーリアホ Kaija Saariaho
アーティスト
カーティス20/21アンサンブル Curtis 20/21 Ensemble , アンッシ・カルットゥネン Anssi Karttunen , コナー・グレイ・コヴィントン Conner Gray Covington , ジェニファー・コー Jennifer Koh , ウィルヘルミナ・スミス Wilhelmina Smith , ホアン・シンヤン Hsin-Yun Huang , ニコラス・ホッジズ Nicolas Hodges

サーリアホ:トカール/クラウド・トリオ/ライト・アンド・マター/アウレ/聖杯の劇場(ジェニファー・コー/ホアン・シンヤン/カルットゥネン)

SAARIAHO, K.: Tocar / Cloud Trio / Light and Matter / Aure / Graal théâtre (Saariaho X Koh) (Jennifer Koh, Hsin-Yun Huang, Karttunen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDR90000-183

全トラック選択/解除

カイヤ・サーリアホ - Kaija Saariaho (1952-)

**:**
トーカル
1.

Tocar

録音: 25-26 November 2017, Studios Ferber, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6838579
 
**:**
クラウド・トリオ

Cloud Trio

録音: 11 December 2016, Academy of Arts and Letters, New York, NY, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6838584
**:**
»  I. Calmo, meditato
2.

-

**:**
»  II. Sempre dolce, ma energico, sempre a tempo
3.

-

**:**
»  III. Sempre energico
4.

-

**:**
»  IV. Tranquillo ma sempre molto espressivo
5.

-

 
**:**
ライト・アンド・マター
6.

Light and Matter

録音: 25-26 November 2017, Studios Ferber, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6838585
 
**:**
アウレ(ヴァイオリンとピアノ版)
7.

Aure (version for violin and cello)

録音: 25-26 November 2017, Studios Ferber, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6838586
 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 「聖杯の劇場」

Graal théâtre (version for violin and chamber orchestra)

録音: 31 October 2016, Miriam and Robert Gould Rehearsal Hall, Curtis School of Music, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6838587
**:**
»  I. Delicato
8.

-

**:**
»  II. Impetuoso
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/08/01
世界中で高く評価されるアメリカ出身のヴァイオリニスト、ジェニファー・コー。今作では彼女と深いつながりのあるフィンランドの女性作曲家カイヤ・サーリアホの作品の中からお気に入りの曲を演奏しています。ヴァイオリン協奏曲「聖杯の劇場」は幾たびとなく演奏しているというコーにとって大切な曲。豊かな弦の響きの中に立ち現れる仄かな旋律は、これまでのサーリアホの作品とは一線を画した表現的な作風が感じられます。ヴァイオリンとチェロのための「アウレ」はサーリアホの家の窓の外にある公園の風景を描いた作品。コーとチェリスト、カルットゥネンのために書かれています。他、スペイン語で「触れる」を意味する「トーカル」など、どの曲も遊び心と音への繊細な感覚が溢れる魅力的な作品が収録されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。