ホーム > アルバム > CDR90000-188 リー/ローレム/カラビス/ナイマン:20世紀のチェンバロ協奏曲集(ヴィニクール/シカゴ・フィルハーモニック/スペック)

リー/ローレム/カラビス/ナイマン:20世紀のチェンバロ協奏曲集(ヴィニクール/シカゴ・フィルハーモニック/スペック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDR90000-188
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ヴィクトル・カラビス Viktor Kalabis , マイケル・ナイマン Michael Nyman , ウォルター・リー Walter Leigh , ネッド・ローレム Ned Rorem
アーティスト
ジョリー・ヴィニクール Jory Vinikour , シカゴ・フィルハーモニック Chicago Philharmonic , スコット・スペック Scott Speck

リー/ローレム/カラビス/ナイマン:20世紀のチェンバロ協奏曲集(ヴィニクール/シカゴ・フィルハーモニック/スペック)

Harpsichord Concertos (20th Century) - LEIGH, W. / ROREM, N. / KALABIS, V. / NYMAN, M. (Vinikour, Chicago Philharmonic, Speck)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDR90000-188

全トラック選択/解除

ウォルター・リー - Walter Leigh (1905-1942)

**:**
チェンバロ・コンチェルティーノ

Harpsichord Concertino

録音: 3 May 2018
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7177380
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
3.

-

ネッド・ローレム - Ned Rorem (1923-)

**:**
コンチェルティーノ・ダ・カメラ

Concertino da camera

録音: 5 August 2018
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7177386
**:**
»  I. Allegro non troppo
4.

-

**:**
»  II. Molto moderato
5.

-

**:**
»  III. Presto
6.

-

ヴィクトル・カラビス - Viktor Kalabis (1923-)

**:**
チェンバロ協奏曲 Op. 42

Harpsichord Concerto, Op. 42

録音: 03 May 2016
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7177387
**:**
»  I. Allegro leggiero
7.

-

**:**
»  II. Andante
8.

-

**:**
»  III. Allegro vivo
9.

-

マイケル・ナイマン - Michael Nyman (1944-)

**:**
チェンバロ協奏曲

Harpsichord Concerto

録音: 11 March 2016
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7177388
**:**
»  I. quarter note = 120-144
10.

-

**:**
»  II. più mosso
11.

-

**:**
»  III. meno mosso
12.

-

**:**
»  IV. quarter note = 100
13.

-

**:**
»  V. Cadenza
14.

-

**:**
»  VI. (post cadenza)
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/08/01
ワンダ・ランドフスカやヴァイオレット・ゴードン=ウッドハウスといった熱心な復刻者のおかげで、一度はすたれてしまった「チェンバロ」の人気が再燃したのが20世紀の始めのことでした。ランドフスカの依頼で、プーランクとファリャが“新しい”楽器のために協奏曲を作曲しましたが、ファリャ自身は、どんなに頑丈に誂えた楽器でも(この頃のチェンバロはピアノを模倣し重い金属のフレームが使われていました)オーケストラの音には勝てないと考え、結局は室内楽とチェンバロのための協奏曲を完成、しかし曲調がモダン過ぎたのか、ランドフスカは初演以降はこの作品を演奏しませんでした。とはいえ、チェンバロの響きは多くの作曲家の心を捉え、いくつかの新しい協奏作品が生まれました。このアルバムではランドフスカの伝統を受け継ぐヴィニクールが素晴らしい演奏を披露しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。