ホーム > アルバム > CDS7670 ヴィヴァルディ:歌劇「ファルナーチェ」(ヌーティ/ヴァッレロトンダ/タッツァーリ/フィオレンティーノ・マッジオ・ムジカーレ管/サルデッリ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDS7670
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi
作詞家
アントニオ・マリア・ルッキーニ Antonio Maria Lucchini
編曲者
ベルナルド・ティッチ Bernardo Ticci
アーティスト
シモーネ・ヴァッレロトンダ Simone Vallerotonda , ロリアーナ・カステラーノ Loriana Castellano , デルフィーヌ・ガルー Delphine Galou , フェデリコ・マリア・サルデッリ Federico Maria Sardelli , マグヌス・スターヴェラン Magnus Staveland , スタジオ・コーラス Studio chorus , エマヌエーレ・ダグアンノ Emanuele D'Aguanno , ミケーレ・タッツァーリ Michele Tazzari , ジュリア・ヌーティ Giulia Nuti , メアリー=エレン・ネージ Mary-Ellen Nesi , フィオレンティーノ・マッジオ・ムジカーレ管弦楽団 Fiorentino Maggio Musicale Orchestra , ソニア・プリナ Sonia Prina , ロベルタ・マメーリ Roberta Mameli

ヴィヴァルディ:歌劇「ファルナーチェ」(ヌーティ/ヴァッレロトンダ/タッツァーリ/フィオレンティーノ・マッジオ・ムジカーレ管/サルデッリ)

VIVALDI, A.: Farnace [Opera] (Nuti, Vallerotonda, Tazzari, Fiorentino Maggio Musicale Orchestra, Sardelli)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7670

全トラック選択/解除

Disc 1

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
歌劇「ファルナーチェ」 RV 711 (編曲:B. ティッチ)

Farnace, RV 711 (arr. B. Ticci)

録音: May 2013, Teatro Comunale di Firenze, Florence, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4185945
**:**
»  Sinfonia
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Recitative: Benche vinto e sconfitto (Farnace, Tamiri)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Aria: Ricordati che sei (Farnace)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Recitative: Ch'io mi tolga col ferro (Tamiri)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Aria: Combattono ques't alma la gloria (Tamiri)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Coro: Dell' Eusino (Chorus)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Recitative: Dell nemico Farnace quest'e l'Impero (Gilade, Berenice)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Su campioni, su guerrieri (Chorus)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Recitative: In si gran punto ancora (Farnace)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Aria: Nell'intimo del petto quel dolce caro affetto (Gilade)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 8: Recitative: A sorprendermi il cor, bella Selinda (Aquilio, Selinda)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 8: Aria: Penso…penso che que'begl'occhi (Aquilio)
12.

-

**:**
»  Act I Scene 9: Recitative: Qual sembianza improvvisa (Selinda)
13.

-

**:**
»  Act I Scene 12: Aria: Da quel ferro che ha svenato (Berenice)
14.

-

**:**
»  Act I Scena 13: Recitative Donna, la tua fortuna (Pompeo)
15.

-

**:**
»  Act I Scena 13: Or di Roma forti eroi (Tamiri)
16.

-

**:**
»  Act I Scene 14: Recitative: Come ben fa veder la donna eccelsa (Pompeo)
17.

-

**:**
»  Act I Scena 14: Non trema senza stella (Pompeo)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Recitative: Principessa gentil, ciascun di noi (Gilade, Aquilio, Selinda)
19.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Aria: Lascia di sospirar! (Selinda)
20.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Recitative: Tempo miglior si scelga (Gilade, Aquilio)
21.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Alle minacce di fiera belva (Aquilio)
22.

-

Disc 2

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
歌劇「ファルナーチェ」 RV 711 (編曲:B. ティッチ)

Farnace, RV 711 (arr. B. Ticci)

録音: May 2013, Teatro Comunale di Firenze, Florence, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4185945
**:**
»  Act II Scene 2: Recitative: Di Farnace e del figlio (Berenice, Gilade)
1.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Al tribunal d'amore (Berenice)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Recitative: No, ch'amar non e fallo in cor guerriero (Gilade)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Aria: Quel tuo ciglio languidetto (Gilade)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Recitative: No, che ceder non viglio (Farnace)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Perdona, o figlio amato (Farnace)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Recitative: Ola! Queste superbe memorie (Berenice, Tamiri)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 9: Dividete o giusti Dei (Tamiri)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Recitative: Ah, s'egli e ver che m'ami (Selinda, Gilade)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Aria: Quel tuo ciglio languidetto (Gilade)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 11: Recitative: Dove mai ti trasporta (Selinda)
11.

-

**:**
»  Act II Scene 11: Gemo in un punto e fremo (Farnace)
12.

-

**:**
»  Act II Scene 12: Recitative: Dell'iniquo Farnace eccoti il figlio (Berenice)
13.

-

**:**
»  Act II Scene 12: Aria: Roma invitta, ma clemente (Pompeo)
14.

-

**:**
»  Act II Scene 13: Recitative: Fra le Libiche serpi (Selinda, Aquilio, Berenice)
15.

-

**:**
»  Act II Scene 13: Amorosa e men irata (Berenice)
16.

-

**:**
»  Act II Scene 14: Recitative: Aquilio, ebben? Pensasti? (Selinda, Aquilio)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 14: Duet: Io sento nel petto si grande l'affetto (Selinda, Aquilio)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Aria: Gelido in ogni vena (Farnace)
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/06/01
1727年に初演されたヴィヴァルディ(1678-1741)の歌劇「ファルナーチェ」。この主人公は「ポントの王ミトリダーテ」の長男にあたります。現在、ミトリダーテから王位を引き継いだファルナーチェは、カッパドキアの王女タミーリを妻にしています。しかしタミーリの母であるベレニーチェはそれを許すわけにはいきません。なぜなら彼女の夫であるカッパドキア王と、王子はミトリダーテに討ち取られていたからです。そんな緊張を孕んだ人間関係の上に起こるファルナーチェの危機・・・それはポントにローマ軍が攻め入ってきたからです。戦いの末、逃亡せざるを得ないファルナーチェ、妻タミーリはわが子と共に自害しなくてはいけない。しかし彼女の母ベレニーチェはそれを止めなくてはならない。そんな交錯する思いの中に浮かび上がる深い家族愛。ヴィヴァルディはこの緊迫の物語に息を飲むような美しい音楽をつけています。パロック音楽のスペシャリストによる歌唱と、サルデッリの流麗な指揮による完璧な「ファルナーチェ」の登場です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。