ホーム > アルバム > CDS7735 マイール:歌劇「コリントのメディア」(ロドリゲス/スパイアース/ロレンツィ/スカラ/マルク/カウテルッチョ/イタリア国際管/ルイージ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
CDS7735
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ヨハン・ジモン・マイール Johann Simon Mayr
作詞家
フェリーチェ・ロマーニ Felice Romani
アーティスト
イタリア国際管弦楽団 Orchestra Internazionale d'Italia , パオロ・カウテルッチョ Paolo Cauteruccio , 加藤のぞみ Nozomi Kato , クルージュ・トランシルヴァニア・フィルハーモニア合唱団 Transylvania State Philharmonic Choir , クルジュ=ナポカ・フィルハーモニー管弦楽団 Cluj-Napoca Philharmonic Orchestra , エネア・スカラ Enea Scala , マルコ・ステファーニ Marco Stefani , マイケル・スパイアーズ Michael Spyres , ミハエラ・マルク Mihaela Marcu , ファビオ・ルイージ Fabio Luisi , ダビニア・ロドリゲス Davinia Rodriguez , ロベルト・ロレンツィ Roberto Lorenzi

マイール:歌劇「コリントのメディア」(ロドリゲス/スパイアース/ロレンツィ/スカラ/マルク/カウテルッチョ/イタリア国際管/ルイージ)

MAYR, G.S.: Medea in Corinto [Opera] (D. Rodriguez, Spyres, R. Lorenzi, E. Scala, M. Marcu, Cauteruccio, Orchestra Internazionale d'Italia, F. Luisi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7735

全トラック選択/解除

Disc 1

ヨハン・ジモン・マイール - Johann Simon Mayr (1763-1845)

**:**
歌劇「コリントのメディア」

Medea in Corinto

録音: July 2015, Palazzo Ducale, Martina Franca, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4821136
**:**
»  Sinfonia
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Perche temi? (Handmaidens, Creusa)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Cede Acasto, o Creusa (Creonte, Creusa, Evandro)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Ah! Senti, deh senti …
4.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Aria: Ogni perigio alfine (Giasone, Creonte, Creusa)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Aria: Come! … Sen riede, e il passo (Medea)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Aria: Sommi dei, che I giuramenti (Medea)
7.

-

**:**
»  Act I: Scene 7: Fuggir mi vuoi? Barbaro!
8.

-

**:**
»  Act I Scene 8: Duet: Cedi al destin, Medea (Giasone, Medea)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 10: Aria: Alfine io vi riveggo (Egeo)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 10: Aria: Io ti lasciai, piangendo (Egeo)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 12: Finale Primo: Dolce figliuol d'Urania (Priests, Maidens, Corinthians)
12.

-

**:**
»  Act I: Scene 13: Ismene ah tu del giovine
13.

-

**:**
»  Act I Scene 13: Finale Primo: Scendi Imene (Priests, Maidens, Corinthians, Medea, Egeo, Giasone, Creusa, Creonte)
14.

-

Disc 2

ヨハン・ジモン・マイール - Johann Simon Mayr (1763-1845)

**:**
歌劇「コリントのメディア」

Medea in Corinto

録音: July 2015, Palazzo Ducale, Martina Franca, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4821136
**:**
»  Act II Scene 1: Amiche, cingete la chioma di rose (All)
1.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Aria: Caro albergo, in cui felice (Creusa, All)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Dove mi guidi? E quale (Ismene, Medea)
3.

-

**:**
»  Act II: Scene 4: Antica notte
4.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Amico, a te soltanto (Creonte, Tideo, Creusa)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 9: Duet: Non palpitar, mia vita (Giasone, Creusa)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Aria: Avverse, inique stelle (Egeo)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Aria: I dolci contenti (Egeo)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Duet: Ma qual fioco rumor! (Egeo)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 11: Duet: Se il sangue, la vita (Egeo, Medea)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 12: Aria: Grazie, nume d'amore! (Giasone)
11.

-

**:**
»  Act II Scene 12: Aria: Amor, per te penai (Giasone, Voices from Within)
12.

-

**:**
»  Act II Scene 15: Ismene … o cara Ismene! (Medea, Ismene, Voices)
13.

-

**:**
»  Act II Scene 15: Aria: Ah! Che tento? (Medea, Distant Voices)
14.

-

**:**
»  Act II Scene 16: Quale orror mi comprende! (Ismene)
15.

-

**:**
»  Act II Scene 17: Finale Secondo: Era tua sposa: ah! Trucida (Corinthians, Giasone, Creonte)
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/05/01
ロッシーニのライバルとも見做されたマイールは(1763-1845)、もともとドイツ、バイエルンの出身でありながら、イタリアに留学し、ベルガモ大聖堂終身教会楽長に上りつめた作曲家。生涯に70作のオペラを作曲、一時は忘れられるも、最近復興の兆しが見えてきています。復讐のためには手段を選ばない強烈な女性を主人公にしたこのギリシャ悲劇「メディア」は、古くから広く愛されており、マイールだけでなくシャルパンティエやケルビーニ、現代ではライマンら数多くの作曲家がオペラにしています。物語の粗筋は、前妻であるメディアを棄てて、権力のためにコリントス国王の娘クロイサと結婚しようとしているジアゾーネ、それを知ったメディアは復讐心にかられ、クロイサに心を寄せるエゲオと共にジザゾーネに復讐を誓います。最終的にはクロイサだけでなく、ジアゾーネとの間に生まれた二人の子供までを手にかけてしまうという救いのない物語ですが、音楽はとても美しいものです。人気急上昇中のソプラノ、ロドリゲスの強靭な声と、ロッシーニ・テノールとして名を挙げたスパイラス、2015年にロイヤル・オペラで華々しくデビューを飾ったスカラ。この2人のテノールの戦い。そしてファビオ・ルイージの強烈なアプローチが光るこの演奏、P.ロッシーニによるG.リコルディ社の最新比較校訂版が用いられています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。