ホーム > アルバム > CDS7795 パガニーニ:三重奏曲/ギター・ソナタ第33番/協奏的ソナタ(プロティーノ/ハーゲン/メーラ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDS7795
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ニコロ・パガニーニ Niccolò Paganini
アーティスト
クレメンス・ハーゲン Clemens Hagen , ジュリオ・プロティーノ Giulio Plotino , マッテオ・メーラ Matteo Mela

パガニーニ:三重奏曲/ギター・ソナタ第33番/協奏的ソナタ(プロティーノ/ハーゲン/メーラ)

PAGANINI, N.: Terzetto / Guitar Sonata No. 33 / Sonata concertata (His Music, His Instruments) (G. Plotino, C. Hagen, M. Mela)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7795

全トラック選択/解除

ニコロ・パガニーニ - Niccolò Paganini (1782-1840)

**:**
三重奏曲 ニ長調 Op. 66, MS 69

Terzetto in D Major, Op. 66, MS 69

録音: 7-9 April 2017, Palazzo Tursi, Genoa, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481134
**:**
»  I. Allegro con brio
1.

-

**:**
»  II. Minuetto: (Allegro vivace)
2.

-

**:**
»  III. Andante - Larghetto (Cavate)
3.

-

**:**
»  IV. Rondo: (Allegretto)
4.

-

 
**:**
パイジェッロの「水車屋の娘」より「うつろな心」による序奏と変奏曲 Op. 38, MS 44
5.

Introduction and Variations on Nel cor più non mi sento from Paisiello's La molinara, Op. 38, MS 44

録音: 7-9 April 2017, Palazzo Tursi, Genoa, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481135
 
**:**
ギター・ソナタ第33番 ハ短調 MS 84
6.

Guitar Sonata No. 33 in C Minor, MS 84

録音: 7-9 April 2017, Palazzo Tursi, Genoa, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481136
 
**:**
協奏的ソナタ イ長調 Op. 61, MS 2

Sonata concertata in A Major, Op. 61, MS 2

録音: 7-9 April 2017, Palazzo Tursi, Genoa, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481137
**:**
»  I. Allegro spiritoso
7.

-

**:**
»  II. Adagio, assai espressivo
8.

-

**:**
»  III. Allegretto con brio, scherzando
9.

-

 
**:**
カンタービレ ニ長調 Op. 17, MS 109 (ヴァイオリンとギター編)
10.

Cantabile in D Major, Op. 17, MS 109 (arr. for violin and guitar)

録音: 7-9 April 2017, Palazzo Tursi, Genoa, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481138
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/03/01
パガニーニの室内楽作品を、彼の時代の楽器で楽しむ1枚。ヴァイオリンの名手として知られたパガニーニですが、実はギターもこよなく愛し、ヴァイオリンとギターのアンサンブル作品も数多く作曲しています。このアルバムでは冒頭に「ヴァイオリンとチェロ、ギターのための三重奏曲」が演奏されていますが、使用されたのは全て18世紀に製作された貴重な楽器です。ストラディヴァリのチェロは、日本財団が所有する銘器でクレメンス・ハーゲンに貸与されています。また、ヴァイオリンのプロティノが演奏するのは1742年のグァルネリ、メーラのギターは1797年のオリー製。これらの素晴らしい楽器が紡ぎだす美しい音色を、超絶技巧とともに存分に味わえる特別なアルバムです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。