ホーム > アルバム > CDS7798 リコルディ:歌劇「秘密のラピータ-盗まれた手桶」(フセイノフ/ヴァレリオ/キム・ヒョクスー/ラヴァシオ/キーファー/ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ管/サルヴァーニョ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

リコルディ:歌劇「秘密のラピータ-盗まれた手桶」(フセイノフ/ヴァレリオ/キム・ヒョクスー/ラヴァシオ/キーファー/ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ管/サルヴァーニョ)

RICORDI, G.: Secchia rapita (La) [Opera] (Huseynov, Valerio, Hyuksoo Kim, Ravasio, Kieffer, Orchestra Sinfonica di Milano Giuseppe Verdi, Salvagno)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7798

全トラック選択/解除

ジューリオ・リコルディ - Giulio Ricordi (1840-1912)

**:**
歌劇「秘密のラピータ-盗まれた手桶」

La secchia rapita

録音: 15-16 May 2017, Auditorium di Milano, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6421445
**:**
»  Act I: Già vien la sera (Chorus of Women)
1.

-

**:**
»  Act I: Evviva San Giovanni (Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I: Cara secchia, quand'ero piccina (Innkeeper)
3.

-

**:**
»  Act I: Evviva San Giovanni (reprise) (Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I: Sono ardito, ma a dir vero (Titta)
5.

-

**:**
»  Act I: Nel buio la stanza fatale (Countess)
6.

-

**:**
»  Act I: Oh mio ben son di baci assetata (Countess, Titta)
7.

-

**:**
»  Act I: Con cautela procediam (Chorus)
8.

-

**:**
»  Act I: Quando il Conte di Culagna (Count of Culagna)
9.

-

**:**
»  Act I: Se l'insonnia ti tormenta (Count of Culagna, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act I: Finale: Siamo soli, or non temere (Rosa, Giglio, Countess, Renoppia, Titta, Count)
11.

-

**:**
»  Act I: Intermezzo
12.

-

**:**
»  Act II: Introduction
13.

-

**:**
»  Act II: Giù le mani, prepotenti (Innkeeper)
14.

-

**:**
»  Act II: Questo male d'amor (Countess)
15.

-

**:**
»  Act II: Nessun giammai m'udì (Renoppia)
16.

-

**:**
»  Act II: Sul mio petto posa o bella (Count of Culagna, Renoppia)
17.

-

**:**
»  Act II: Bevi da questa tazza (Count of Culagna, Titta, Countess)
18.

-

**:**
»  Act II: Finale: Il Podestà di Modena (Podesta, Historian, Renoppia, Chorus)
19.

-

**:**
»  Act II: Lasciamo il Gineceo (Chorus, Renoppia)
20.

-

**:**
»  Act II: Intermezzo
21.

-

**:**
»  Act III: Il mio focoso Ginetto (Giglio and Rosa)
22.

-

**:**
»  Act III: Stretta a me tremar ti sento (Titta, Renoppia)
23.

-

**:**
»  Act III: Oh possente Allah (Countess, Innkeeper, Count, Podesta)
24.

-

**:**
»  Act III: Voglio svelar quel che sta scritto (Countess)
25.

-

**:**
»  Act III: Finale: Questa secchia con rito giulivo (All)
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/01/01
名前からわかる通り、この歌劇の作曲家はイタリアの楽譜出版社“リコルディ”の三代目当主です。初代ジョヴァンニはドニゼッティ、ベッリーニ、ヴェルディの作品出版で巨大な富を築き、二代目ティートが更に事業を発展させましたが、ジューリオの時代になると、そろそろヴェルディが衰えを見せ始め、時代はヴェリズモに移っていきます。ジューリオはヴェリズモのブームに乗り遅れたとされていますが、プッチーニを見出したことで事業を立て直すことに成功。プッチーニから絶大な信頼を寄せられていました。ジューリオ自身も作曲に手を染め、3つの喜歌劇が残されています。この《盗まれた手桶》は14世紀のボローニャとモデナの戦いが軸になっており、敗北を期したボローニャ軍の兵士が、井戸からバケツを盗んたことで起きる顛末が面白おかしく描かれています。日本の若手ソプラノ、山田花織も出演しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。