ホーム > アルバム > CDS7805 ザーメツニーク/サティ/ミヨー/オーリック/パターソン/グルーシン:ピアノ作品集(パロンビ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDS7805
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 映画音楽
作曲家
ジョルジュ・オーリック Georges Auric , アルトゥール・オネゲル Arthur Honegger , デイヴ・グルーシン Dave Grusin , エリック・サティ Erik Satie , ジョン・ステパン・ザメニク John Stepan Zamecnik , マヌエル・デ・シーカ Manuel De Sica , オスカー・ピーターソン Oscar Peterson , ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ Hans Werner Henze , フランコ・マンニーノ Franco Mannino , ダリウス・ミヨー Darius Milhaud
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ルイージ・パロンビ Luigi Palombi

ザーメツニーク/サティ/ミヨー/オーリック/パターソン/グルーシン:ピアノ作品集(パロンビ)

Piano Recital: Palombi, Luigi - ZAMECNIK, J.S. / SATIE, E. / MILHAUD, D. / AURIC, G. / PETERSON, O. / GRUSIN, D. (Cinema - Original Film Soundtracks)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7805

全トラック選択/解除

ジョン・ステパン・ザメニク - John Stepan Zamecnik (1872-1953)

**:**
コメディ・シーン
1.

Comedy Scene (from Sam Fox Moving Picture Music, Vol. 3)

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228780
 
**:**
ガーデン・ラヴ・シーン
2.

Garden Love Scene (from Sam Fox Moving Picture Music, Vol. 3)

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228944
 
**:**
インテンスリー・ドラマティック・シーン
3.

Intensely Dramatic Scene (from Sam Fox Moving Picture Music, Vol. 3)

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228945
 
**:**
インディアン・ミュージック
4.

Indian Music (from Sam Fox Moving Picture Music, Vol. 1)

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228946
 
**:**
グッドバイ・ミュージック
5.

Goodbye Music (from Sam Fox Moving Picture Music, Vol. 3)

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228947

エリック・サティ - Erik Satie (1866-1925)

**:**
バレエ音楽「ルラーシュ(本日休演)」(ピアノ編)
6.

Relâche: Entr'acte (arr. for piano)

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228948

ダリウス・ミヨー - Darius Milhaud (1892-1974)

**:**
3つのワルツ Op. 128c

3 Valses, Op. 128c

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228949
**:**
»  Valse No. 1
7.

-

**:**
»  Valse No. 2
8.

-

**:**
»  Valse No. 3
9.

-

ジョルジュ・オーリック - Georges Auric (1899-1983)

**:**
3つの小品

3 Morceaux

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228950
**:**
»  No. 1. Ländler
10.

-

**:**
»  No. 2. Élegie
11.

-

**:**
»  No. 3. La lettre de Puck - Romance sans paroles
12.

-

アルトゥール・オネゲル - Arthur Honegger (1892-1955)

**:**
ショパンの思い出
13.

Souvenir de Chopin

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228951

ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ - Hans Werner Henze (1926-2012)

**:**
アン・プチ・フレーズ
14.

Une petite phrase

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228952

フランコ・マンニーノ - Franco Mannino (1924-)

**:**
イノセント
15.

L'innocente

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228953

マヌエル・デ・シーカ - Manuel De Sica (1949-)

**:**
アマンティ - テーマ
16.

Amanti: Theme

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228954
 
**:**
ウナ・ブレーヴェ・ヴァカンツァ - テーマ
17.

Una breve vacanza: Theme

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228955
 
**:**
悲しみの青春 - テーマ
18.

Il giardino dei Finzi Contini: Theme

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228956

オスカー・ピーターソン - Oscar Peterson (1925-2007)

**:**
ボギー!俺も男だ - ブルース
19.

Play It Again, Sam: Blues for Allan Felix

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228957

デイヴ・グルーシン - Dave Grusin (1934-)

**:**
ザ・ファーム/法律事務所

The Firm

録音: July 2017, Studio Milano Music Zone, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228958
**:**
»  Main Title
20.

-

**:**
»  Mitch and Abby
21.

-

**:**
»  Memphis Stomp
22.

-

**:**
»  Blues: The Death of Love and Trust
23.

-

**:**
»  The Plan
24.

-

**:**
»  How Could You Lose Me? - End Title
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/01/01
19世紀の終わりに、フランスのリュミエール兄弟によって映画装置「シネマトグラフ・リュミエール」が発明された時にはまだ音声は付いておらず、人々は映像と音楽を結び付けることに関心を抱くようになりました。最初の頃の映画館ではピアノやオーケストラが別に音楽を演奏していましたが、1920年代にトーキーが発明されてから「映画音楽」というジャンルが生まれ、ハリウッドを中心に一大勢力として発展していきます。このアルバムでは、初期の映画のための音楽が少しずつ発展していく様子がパロンビのピアノ独奏のみで表現されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。