ホーム > アルバム > CDS7829 喪失の嘆き - アルテミジア・ジェンティレスキと彼女の同世代の音楽(フガリート/アカデミア・ダルカディア/リューリヒ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDS7829
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 声楽曲, 室内楽
作曲家
ロレンツォ・アレグリ Lorenzo Allegri , ダリオ・カステッロ Dario Castello , バルバラ・ストロッツィ Barbara Strozzi , ジョヴァンニ・マリア・トラバーチ Giovanni Maria Trabaci , アンドレア・ファルコニエーリ Andrea Falconieri , ジョヴァンニ・バッティスタ・フォンターナ Giovanni Battista Fontana , タルクィニオ・メールラ Tarquinio Merula , クラウディオ・モンテヴェルディ Claudio Monteverdi , ステファノ・ランディ Stefano Landi , ルイジ・ロッシ Luigi Rossi
作詞家
クラウディオ・アキリーニ Claudio Achillini , バルバラ・ストロッツィ Barbara Strozzi , ピエトロ・ドルフィーノ Pietro Dolfino , 不詳 Anonymous , カルロ・ミラヌッツィ Carlo Milanuzzi
アーティスト
アカデミア・ダルカディア Accademia d'Arcadia , シルヴィア・フリガート Silvia Frigato , アレッサンドラ・ロッシ・リューリヒ Allesandra Rossi Lurig

喪失の嘆き - アルテミジア・ジェンティレスキと彼女の同世代の音楽(フガリート/アカデミア・ダルカディア/リューリヒ)

Vocal and Chamber Music (Italian Baroque) - ROSSI, L. / MONTEVERDI, C. / STROZZI, B. (Et manchi pietà) (Frigato, Accademia d'Arcadia, Lürig)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7829

全トラック選択/解除

クラウディオ・モンテヴェルディ - Claudio Monteverdi (1567-1643)

**:**
苦しみが甘美なものならば SV 332
1.

Sì dolce è'l tormento, SV 332

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6882745

ロレンツォ・アレグリ - Lorenzo Allegri (1567-1648)

**:**
音楽 第1巻 - バッロ第1番 「愛の夜の最初の踊り」 - シンフォニア
2.

Primo libro delle musiche: Primo Ballo, "La notte d'Amore": I. Sinfonia

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884241

クラウディオ・モンテヴェルディ - Claudio Monteverdi (1567-1643)

**:**
もしも私の物憂い瞳が
3.

Se i languidi miei sguardi, "Lettera amorosa in genere rapresentativo"

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884242

ジョヴァンニ・マリア・トラバーチ - Giovanni Maria Trabaci (1575-1647)

**:**
コンソナンツェ・ストラバガンティ
4.

Consonanze stravaganti

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884243

タルクィニオ・メールラ - Tarquinio Merula (1595-1665)

**:**
今や眠りの時
5.

Hor ch'e tempo di dormire

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884244

アンドレア・ファルコニエーリ - Andrea Falconieri (1586-1656)

**:**
フォリア
6.

Folias echa para mi Senora Dona Tarolilla de Carallenos

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884245

ルイジ・ロッシ - Luigi Rossi (1598-1653)

**:**
私の愛しき
7.

Mio ben teco il tormento …

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884246

バルバラ・ストロッツィ - Barbara Strozzi (1619-1677)

**:**
聴きなさい、恋人たちよ - 恋するヘラクレイトス
8.

Udite amanti - L'Eraclito amoroso

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884247

ジョヴァンニ・バッティスタ・フォンターナ - Giovanni Battista Fontana (1589-1630)

**:**
ソナタ第7番
9.

Sonata No. 7

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884248

ステファノ・ランディ - Stefano Landi (1587-1639)

**:**
アリア集 第5巻 - おろかな愛よ
10.

Il quinto libro d'arie: Alla guerra d'amor

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884249

ルイジ・ロッシ - Luigi Rossi (1598-1653)

**:**
歌劇「オルフェオ」 - 第2幕 フィナーレ
11.

Orfeo, Act II: Finale

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884250

バルバラ・ストロッツィ - Barbara Strozzi (1619-1677)

**:**
エウテルペの遊戯 Op. 7 - 私の涙
12.

Diporti di Euterpe, Op. 7: Lagrime mie, a che vi trattenete?

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884251

ダリオ・カステッロ - Dario Castello

**:**
ソナタ第10番
13.

Sonata No. 10

録音: 26-28 October 2014, Chiesa di Santa Marta, Romano Canavese, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6884252
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
17世紀、カラヴァッジオ派に属した女性画家ジェンティレスキ。工房を営む父から絵画を学び、幼少時から優れた才能を開花させました。しかし18歳の時に、父が彼女のための教師として雇った画家アゴスティーノ・タッシから性暴力を受けたことで生活が一変。タッシは有罪判決を受けたものの、裁判の流れでジェンティレスキは心に深い傷を負い、その心理は代表作「ホロフェルネスの首を斬るユーディット」として描き出されたことでも知られています。その後はフィレンツェ芸術院で初の女性会員として受け入れられ、多くの芸術家と親交を結び数多くの作品を残しましたが、彼女の成功の根源には若い頃の苦しい経験があったことは想像に難くありません。このアルバムには彼女の13枚の絵画を掲載、その絵にふさわしい作品をアカデミア・ダルカディアが演奏しています。愛、涙、戦い・・・これらのタイトルが彼女の生涯を端的に表現しているかのようです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。