ホーム > アルバム > CDS7844 オッフェンバック:喜歌劇「追い出された亭主」(プラーサ/オジー/メッツァーロ/ベニテス/フィオレンティーノ・マッジオ・ムジカーレ管/ガッリ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDS7844
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
ジャック・オッフェンバック Jacques Offenbach
作詞家
A・ダラクール André Delacour
アーティスト
マリーナ・オジー Marina Ogii , ヴァレリオ・ガッリ Valerio Galli , フィオレンティーノ・マッジオ・ムジカーレ管弦楽団 Fiorentino Maggio Musicale Orchestra , パトリツィオ・ラ・プラーサ Patrizio La Placa , フランチェスカ・ベニテス Francesca Benitez , マッテオ・メッツァーロ Matteo Mezzaro

オッフェンバック:喜歌劇「追い出された亭主」(プラーサ/オジー/メッツァーロ/ベニテス/フィオレンティーノ・マッジオ・ムジカーレ管/ガッリ)

OFFENBACH, J.: Mari à la porte (Le) [Operetta] (Placa, Ogii, Mezzaro, F. Benitez, Fiorentino Maggio Musicale Orchestra, V. Galli)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7844

全トラック選択/解除

ジャック・オッフェンバック - Jacques Offenbach (1819-1880)

**:**
喜歌劇「追い出された亭主」

Le mari a la porte

録音: February 2019, Teatro del Maggio Musicale Fiorentino, Florence, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7434353
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Ouf! Cheminée … affreuse cheminée … (Florestan)
2.

-

**:**
»  Duo: Ah! ah! ah! Quelle mine piteuse! (Rosita, Suzanne)
3.

-

**:**
»  Veux-tu que je te dise? (Rosita, Suzanne)
4.

-

**:**
»  Valse tyrolienne - J'entends ma belle (Rosita)
5.

-

**:**
»  Bonne Rosita! Elle a raison … (Suzanne, Florestan)
6.

-

**:**
»  Trio: Ah! - Juste ciel que vois-je? (Suzanne, Rosita, Florestan)
7.

-

**:**
»  Oui, Mesdames, je suis compositeur (Florestan, Rosita, Suzanne, Martel)
8.

-

**:**
»  Quatour et couplets: Il se moque de toi (Rosita, Suzanne, Florestan, Martel)
9.

-

**:**
»  Comment! Elles se sont endormies! (Florestan, Martel, Rosita, Suzanne)
10.

-

**:**
»  Pour votre honneur (Florestan, Suzanne, Rosita)
11.

-

**:**
»  Mais voyez donc! (Rosita, Florestan, Suzanne, Martel)
12.

-

**:**
»  Couplet au public: Ce soir ici (All)
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/10/01
短いながらもまとまりのよい皮肉と諧謔に満ちたコメディオッフェンバックの生誕200年を記念し、フィオレンティーノ・マッジョ・ムジカーレ(フィレンツェ5月音楽祭)劇場で上演された1幕物の喜歌劇《追い出された亭主》。1859年に初演されたこの作品は、オッフェンバックが活躍した当時のフランスのブルジョワ社会の風俗を描き、風刺の効いたストーリーとともに、オッフェンバックらしい愉快なポルカ、マズルカ、ワルツなどが各場面に散りばめられています。フランスではしばしば上演され、人気を博していますが、今回の上演のために新たなオーケストレーションが施されており、一層色彩豊かな音楽が楽しめます。実力派の歌手たちによる絶妙なやりとりも聴きどころで、ヴァレリオ・ガッリの軽妙洒脱な音楽作りも魅力的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。