ホーム > アルバム > CDS7853 ノーラ:宗教的作品集(使徒たちの悲歌)(ヴィスコ/ザヴィシャ/フマガッリ/トージ/カペラ・ナポリターナ/フローリオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDS7853
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 室内楽
作曲家
ピエトロ・マルキテッリ Pietro Marchitelli , Antonio Nola
作詞家
不詳 Anonymous , Antonio Nola
アーティスト
レジーレ・ヴィスコ Leslie Visco , カペラ・ナポリターナ Cappella Neapolitana , アンナ・ザヴィシャ Anna Zawisza , アレッサンドロ・チッコリーニ Alessandro Ciccolini , アレッシオ・トージ Alessio Tosi , マルタ・フマガッリ Marta Fumagalli , アントニオ・フローリオ Antonio Florio

ノーラ:宗教的作品集(使徒たちの悲歌)(ヴィスコ/ザヴィシャ/フマガッリ/トージ/カペラ・ナポリターナ/フローリオ)

NOLA, A.: Sacred Works (Tristes erant Apostoli) (Visco, A. Zawisza, M. Fumagalli, A. Tosi, Cappella Neapolitana, A. Florio)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7853

全トラック選択/解除

Antonio Nola (1642-1701)

**:**
今、祝福の時 I

Ecce nunc Benedicite I

録音: 17 April 2019, Penderecki Hall, Krakow, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7723012
**:**
»  Ecce nunc Benedicite
1.

-

**:**
»  In noctibus ex tollite
2.

-

**:**
»  Benedicat te Dominus
3.

-

**:**
»  Gloria Patri
4.

-

**:**
»  Sicut era in principio
5.

-

 
**:**
聖礼典のための賛歌

Sacramento Laudes a voce sola con violini

録音: 17 April 2019, Penderecki Hall, Krakow, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7723013
**:**
»  Vos fideles
6.

-

**:**
»  Ad calicem
7.

-

**:**
»  O sacramentum
8.

-

 
**:**
復活祭の使徒たちの悲歌
9.

Tristes erant Apostoli

録音: 17 April 2019, Penderecki Hall, Krakow, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7723014
 
**:**
悲しみの聖母
10.

Stabat Mater

録音: 17 April 2019, Penderecki Hall, Krakow, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7723015

ピエトロ・マルキテッリ - Pietro Marchitelli (1643-1729)

**:**
トリオ・ソナタ第11番 イ短調

Trio Sonata No. 11 in A Minor

録音: 17 April 2019, Penderecki Hall, Krakow, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7723016
**:**
»  I. Andante
11.

-

**:**
»  II. Allegro
12.

-

**:**
»  III. Grave
13.

-

**:**
»  IV. Allegro
14.

-

Antonio Nola (1642-1701)

**:**
人間と天使の対話

Homo et Angelo

録音: 17 April 2019, Penderecki Hall, Krakow, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7723017
**:**
»  Sinfonia
15.

-

**:**
»  Quo ibo a spiritu tuo
16.

-

**:**
»  Quid agitaris
17.

-

**:**
»  Deus ultionum
18.

-

**:**
»  Si peccav - Die peccavi
19.

-

**:**
»  Surge vade ad patrem tuum
20.

-

**:**
»  Pater iam non sum dignus
21.

-

 
**:**
今、祝福の時 II

Ecce nunc Benedicite II

録音: 17 April 2019, Penderecki Hall, Krakow, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7723018
**:**
»  Ecce nunc Benedicite
22.

-

**:**
»  Qui statis in domo Domini
23.

-

**:**
»  Benedicat te Dominus
24.

-

**:**
»  Gloria Patri
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
音楽学者として17世紀の知られざる作品を研究するアントニオ・フローリオ。彼が過去数十年に再発見した数多くの作曲家の中でも、アントニオ・ノーラは最も知られていない人の一人。その生涯のエピソードもほとんど残っておらず、唯一はっきりと分かっているのは1642年にナポリで生まれたこと。10歳の時にピエタ・ディ・トゥルキニ音楽院に入学、その後は市の大聖堂のオルガニストとして働き、地元の音楽学校のためにいくつかの宗教作品を書き、晩年は司祭になったとされています。このアルバムは、2019年の復活祭を祝うために、ノーラの6つの世界初録音の作品を中心に収録。曲間には彼と同時代の作曲家マルキテッリの器楽曲が配置されています。演奏はナポリを代表するパロック・アンサンブルと歌手たちが担い、フローリオが丁寧にまとめています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。