ホーム > アルバム > CDS7876 コルンゴルト:歌劇「ヴィオランタ」(クレーマー/クプファー=ラデツキー/ラインハルト/トリノ王立劇場合唱団&管弦楽団/スタインバーグ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDS7876
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト Erich Wolfgang Korngold
作詞家
ハンス・ミュラー Hans Müller-Einigen
アーティスト
ガブリエル・アレクサンダー・ヴェルニック Gabriel Alexander Wernick , クリスティーノ・オリヴィエーリ Cristiano Olivieri , アンナマリア・キウーリ Anna Maria Chiuri , ミヒャエル・クプファー=ラデツキー Michael Kupfer-Radecky , アンネマリー・クレーマー Annemarie Kremer , ピンカス・スタインバーグ Pinchas Steinberg , ペーター・ソン Peter Sonn , トリノ王立劇場合唱団 Torino Teatro Regio Chorus , トリノ王立劇場管弦楽団 Torino Teatro Regio Orchestra , ソウラ・パラシディス Soula Parassidis , ジョアン・フォルケ Joan Folqué , エウゲニア・ブライノヴァ Eugenia Braynova , ノルマン・ラインハルト Norman Reinhardt , Claudia De Pian

コルンゴルト:歌劇「ヴィオランタ」(クレーマー/クプファー=ラデツキー/ラインハルト/トリノ王立劇場合唱団&管弦楽団/スタインバーグ)

KORNGOLD, E.W.: Violanta [Opera] (A. Kremer, Kupfer-Radecky, N. Reinhardt, Torino Teatro Regio Chorus and Orchestra, P. Steinberg)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7876

全トラック選択/解除

エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト - Erich Wolfgang Korngold (1897-1957)

**:**
歌劇「ヴィオランタ」 Op. 8

Violanta, Op. 8

録音: 21 and 23 January 2020, Teatro Regio Torino, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7902416
**:**
»  Prelude
1.

-

**:**
»  Scene 1: Unsre Barke (Chorus, First Maid, Second Maid, First Soldier, Second Soldier)
2.

-

**:**
»  Scene 1: He, was machst Du (Matteo, Second Soldier, First Soldier, Bice, First Maid, Barbara, Chorus)
3.

-

**:**
»  Scene 2: Schwigt still! (Simone, Second Soldier, Barbara, Matteo, Bice)
4.

-

**:**
»  Scene 3: Ich hol Dich … komm! (Giovanni, Simone)
5.

-

**:**
»  Scene 3: Sie hasst ihn (Simone, Giovanni)
6.

-

**:**
»  Scene 3: Wein … Blumen (Giovanni, Violanta, Simone)
7.

-

**:**
»  Scene 4: Violanta … Er kommt (Simone, Violanta)
8.

-

**:**
»  Scene 4: Aus dem Grabern (Violanta, Chorus, Simone)
9.

-

**:**
»  Scene 4: Dann hor ich (Violanta, Simone)
10.

-

**:**
»  Scene 4: Violanta - Ja du wirst (Simone, Violanta)
11.

-

**:**
»  Scene 4: Ja … du wirst ihn toten (Violanta, Simone)
12.

-

**:**
»  Scene 4: Dicht Aug in Aug (Violanta, Simone)
13.

-

**:**
»  Scene 5: Barbara! Bring Lichter! (Violanta, Barbara)
14.

-

**:**
»  Scene 5: Wie ging das Marchen? (Violanta, Barbara)
15.

-

**:**
»  Interlude
16.

-

**:**
»  Scene 5: Der Sommer will (Alfonso, Violanta)
17.

-

**:**
»  Scene 6: Wie schon seid Ihr (Alfonso, Violanta)
18.

-

**:**
»  Scene 6: Noch nicht das Lied (Violanta, Alfonso)
19.

-

**:**
»  Scene 6: Sterben wollt ich oft (Alfonso)
20.

-

**:**
»  Scene 6: Mona Violanta? (Alfonso, Violanta)
21.

-

**:**
»  Scene 6: Nie hab ich gelebt (Violanta, Alfonso)
22.

-

**:**
»  Scene 6: Reine Liebe (Alfonso, Violanta)
23.

-

**:**
»  Scene 6: Violanta - Horst Du (Simone, Violanta, Alfonso)
24.

-

**:**
»  Scene 7: Du riefst … Hier bin ich (Simone, Violanta, Alfonso)
25.

-

**:**
»  Scene 7: Still … still (Violanta, Giovanni, Simone)
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2020/05/01
幼い頃から神童ぶりを発揮したコルンゴルト。少年時代から次々に作品を発表し、いずれも高く評価されました。この《ヴィオランタ》は18歳頃に書かれた彼の2作目の歌劇で、ヴェリズモ・オペラやプッチーニ、さらにレスピーギやリヒャルト・シュトラウスの影響も聴き取れます。初演は1916年3月、ミュンヘン国立歌劇場で、コルンゴルトのもう一つのオペラ「ポリュクラテスの指輪」とともにブルーノ・ワルターの指揮によって行われ、大成功を収めました。アンネマリー・クレーマー(ヴィオランタ)の官能的な歌唱に、ノーマン・ラインハルト(アルフォンソ)の甘やかな美声、ミヒャエル・クプファー=ラデツキー(夫シモーネ)の剛直な歌唱とが見事な対照を形作り、名匠ピンカス・スタインバーグのタクトがコルンゴルトの音楽の美しさをあますことなく引き出しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。