ホーム > アルバム > CDS7893 ストラデッラ:カンタータとセレナータ集 1 (フリサーニ/キエリケッティ/マルケージ/ヌヴォーリ/アレッサンドロ・ストラデッラ・コンソート/ヴェラルディ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CDS7893
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 声楽曲
作曲家
アレッサンドロ・ストラデッラ Alessandro Stradella
作詞家
ジョヴァンニ・フィリッポ・アポローニ Giovanni Filippo Apolloni , 不詳 Anonymous
アーティスト
アレッサンドロ・ストラデッラ・コンソート Alessandro Stradella Consort , エステヴァン・ヴェラルディ Estévan Velardi , アンナ・キエリケッティ Anna Chierichetti , マリオ・ヌヴォーリ Mario Nuvoli , ロジータ・フリサーニ Rosita Frisani , サラ・マルケージ Sara Marchesi , リッカルド・リストーリ Riccardo Ristori

ストラデッラ:カンタータとセレナータ集 1 (フリサーニ/キエリケッティ/マルケージ/ヌヴォーリ/アレッサンドロ・ストラデッラ・コンソート/ヴェラルディ)

STRADELLA, A.: Cantatas and Serenatas, Vol. 1 (Frisani, Chierichetti, Marchesi, Nuvoli, Alessandro Stradella Consort, Velardi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDS7893

全トラック選択/解除

アレッサンドロ・ストラデッラ - Alessandro Stradella (1639-1682)

**:**
炎は燃えて

Arsi già d'una fiamma

録音: March 2006 / February 2007 / February 2011, Oratory of St. Erasmus, Sori, Genoa, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8452925
**:**
»  Arioso: Arsi già d'una fiamma
1.

-

**:**
»  Recitative: La grana d'un bel volto
2.

-

**:**
»  Aria: Io v'adoro o belle rose
3.

-

**:**
»  Recitative: Sento voce indistinta
4.

-

**:**
»  Aria: Tra porpore e brine
5.

-

**:**
»  Recitative: Qual dunque fia della mia sorte
6.

-

**:**
»  Aria: Così va chi segue beltà
7.

-

**:**
»  Trio: Così va chi segue beltà
8.

-

 
**:**
今宵の女神

Or ch'alla dea notturna

録音: March 2006 / February 2007 / February 2011, Oratory of St. Erasmus, Sori, Genoa, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8452926
**:**
»  Sinfonia
9.

-

**:**
»  Recitative: Or ch'alla dea notturna
10.

-

**:**
»  Aria: Non ha tregua il mio dolor
11.

-

**:**
»  Recitative: Deh al cruccio mio
12.

-

**:**
»  Aria: Adultero riso e amor simulato
13.

-

**:**
»  Recitative: Pur di sua fede inerte
14.

-

**:**
»  Aria: Cortesia, gentilezza e decoro
15.

-

**:**
»  Arioso: Speme incerta
16.

-

**:**
»  Recitative: Dell'amoroso egeo
17.

-

**:**
»  Arioso: Nel pelago d'amor
18.

-

**:**
»  Aria: Urti pure in duro scoglio
19.

-

**:**
»  Recitative: Chi paventa del mar l'ira superba
20.

-

**:**
»  Duet: Favil rinunzia a quei tesor
21.

-

**:**
»  Recitative: Son opre del destino
22.

-

**:**
»  Aria: Troppo cara è la piaga
23.

-

**:**
»  Duet: Amor non ha legge
24.

-

**:**
»  Duet: Benché qual argo
25.

-

 
**:**
絶望的な記憶、お前から離れる

Disperata rimembranza, lascia omai

録音: March 2006 / February 2007 / February 2011, Oratory of St. Erasmus, Sori, Genoa, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8452927
**:**
»  Aria: Disperata rimembranza
26.

-

**:**
»  Recitative: Ahi, ahi quanto oh cielo
27.

-

**:**
»  Aria: Disperata rimembranza
28.

-

**:**
»  Aria: Ma sento che in seno
29.

-

**:**
»  Recitative: Ch'io speri e come!
30.

-

**:**
»  Aria: Disperata rimembranza
31.

-

 
**:**
無限の苦痛よ

Infinite son le pene

録音: March 2006 / February 2007 / February 2011, Oratory of St. Erasmus, Sori, Genoa, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8452928
**:**
»  Sinfonia
32.

-

**:**
»  Trio: Infinite son le pene
33.

-

**:**
»  Ritornello: Allegro
34.

-

**:**
»  Recitative: Dovrò dunque o tiranna
35.

-

**:**
»  Duet: O' del cielo d'amor
36.

-

**:**
»  Recitative: Querelatevi pure al vento
37.

-

**:**
»  Aria: Altri con fingere usa
38.

-

**:**
»  Aria: Non mi lusingar più
39.

-

**:**
»  Aria: Fuggi pur dal mio petto
40.

-

**:**
»  Trio: Lasciatemi una volta
41.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/02/01
17世紀後半のイタリアで活躍した作曲家アレッサンドロ・ストラデッラ。「合奏協奏曲」様式の創始者として、また数多くの浮名を流したプレイボーイとして、音楽史に名を残しています。歌劇の人気がそれほど高くなかったこの時代、ストラデッラは演技を伴わないオラトリオ『洗礼者聖ヨハネ』をはじめ、ソロ・カンタータ、そして一種の世俗カンタータである『セレナータ』のジャンルで夥しい作品を発表、ヘンデルとJ.S.バッハ以前における最大のカンタータ作曲家の一人として名を馳せました。その多くは愛の痛みを題材にしたもので、技巧的な歌と楽器の掛け合いが見事な作品に仕上がっています。イタリア・バロック期作品の研究家、エステヴァン・ヴェラルディは自らストラデッラ作品の校訂を行い、比較校訂版を作成。この演奏では、作曲家の名を冠したアンサンブル「アレッサンドロ・ストラデッラ・コンソート」を率いて、作品の魅力を伝えます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。