ホーム > アルバム > CDX-5179 ブラームス:弦楽四重奏曲第1番、第2番、第3番/シューベルト:死と乙女(東京クァルテット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDX-5179
CD発売時期
2001年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
フランツ・シューベルト Franz Schubert , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
東京クァルテット Tokyo Quartet

ブラームス:弦楽四重奏曲第1番、第2番、第3番/シューベルト:死と乙女(東京クァルテット)

BRAHMS, J.: String Quartets Nos. 1-3 (Complete) / SCHUBERT, F.: String Quartets Nos. 12, "Quartettsatz" and 14, "Death and the Maiden" (Tokyo Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDX-5179

全トラック選択/解除

Disc 1

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 Op. 51, No. 1

String Quartet in C Minor, Op. 51, No. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/167317
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Romance: Poco adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegretto molto moderato e comodo
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第2番 イ短調 Op. 51, No. 2

String Quartet in A Minor, Op. 51, No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/167318
**:**
»  I. Allegro non troppo
5.

-

**:**
»  II. Andante moderato
6.

-

**:**
»  III. Quasi Minuet: Moderato
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro non assai
8.

-

Disc 2

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
弦楽四重奏曲第3番 変ロ長調 Op. 67

String Quartet No. 3 in B-Flat Major, Op. 67

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/167319
**:**
»  I. Vivace
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Agitato - Allegretto non troppo
3.

-

**:**
»  IV. Poco allegretto con variazioni
4.

-

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
弦楽四重奏曲第12番 ハ短調 「四重奏断章」 D. 703
5.

String Quartet No. 12 in C Minor, D. 703, "Quartettsatz"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/167320
 
**:**
弦楽四重奏曲第14番 ニ短調 「死と乙女」 D. 810

String Quartet No. 14 in D Minor, D. 810, "Death and the Maiden"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/167321
**:**
»  I. Allegro
6.

-

**:**
»  II. Andante con moto
7.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro molto
8.

-

**:**
»  IV. Presto
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/07/01
ニューヨークを拠点に活動していた弦楽四重奏団「東京クァルテット」。このブラームスとシューベルトが録音された時期には、第1ヴァイオリンはピーター・ウンジャン、第2ヴァイオリンは池田菊衛が務めており、バランスの良い演奏が高く評価されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。