ホーム > アルバム > CHAN10475 ラフマニノフ:交響詩「死の島」/ユース・シンフォニー/交響曲第1番(BBCフィル/ノセダ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CHAN10475
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
BBCフィルハーモニー管弦楽団 BBC Philharmonic Orchestra , ジャナンドレア・ノセダ Gianandrea Noseda

ラフマニノフ:交響詩「死の島」/ユース・シンフォニー/交響曲第1番(BBCフィル/ノセダ)

RACHMANINOV, S.: Symphony No. 1 / The Isle of the Dead / Symphony in D Minor, "Youth" (BBC Philharmonic, Noseda)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CHAN10475

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
交響詩「死の島」 Op. 29
1.

Ostrov myortvikh (The Isle of the Dead), Op. 29

録音: 30, 31 January 2008, Studio 7, NBH, Manchester
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/217633
 
**:**
交響曲 ニ短調 「ユース・シンフォニー」 - 第1楽章 グラーヴェ - アレグロ・モデラート
2.

Symphony in D Minor, "Youth": I. Grave - Allegro moderato

録音: 30, 31 January 2008, Studio 7, NBH, Manchester
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/217634
 
**:**
交響曲第1番 ニ短調 Op. 13

Symphony No. 1 in D Minor, Op. 13

録音: 30, 31 January 2008, Studio 7, NBH, Manchester
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/217635
**:**
»  I. Grave - Allegro ma non troppo - Moderato - Allegro vivace - L'istesso tempo - Allegro Molto
3.

-

**:**
»  II. Allegro animato - Meno mosso - Tempo I
4.

-

**:**
»  III. Larghetto - Più mosso - Largo un poco - Con moto - Tempo I
5.

-

**:**
»  IV. Allegro con fuoco, Marciale [sempre marcato] - Con animo - Allegro mosso - Allegro con fuoco - Presto - Largo
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2011/02/13
習作の「ユース・シンフォニー」はチャイコフスキー風の作品で、ラフマニノフの早熟な天才を予感させる作品という以上のものは感じませんでした。「死の島」は円熟した作品であり、その陰鬱で深い世界を、鮮やかに描いた演奏の美しさに惹かれました。しかし、何と言っても聴きものなのは、初期作の交響曲第1番でしょう。かつて散々な酷評を受けたというこの作品、これまでいくつかの演奏を聴いても、言うほど悪くはないでしょう、という程度に思っていたのですが、ここでのノセダの各パートを鮮明かつ濃厚に響かせた鮮やかな演奏によって、この作品の和声や進行上の破格の異形ぶりとはじめてこの作品に触れた人たちの衝撃がまざまざと浮かび上がるかのようです。これはやはり指揮者の解釈のなせる業でしょうし、それを鮮やかに再現したオーケストラ、それをまた魅力的に捉えた録音と共に、高く評価されるべきではないかと思います。この作品が初演時にもっと評価されていたら、ラフマニノフはもっと斬新な作風を持つ作曲家になっていたのかも、などと想像しますが、その後のメランコリックな傑作群を思うとき、どっちがよかったのか、としばし考えてしまいます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。