ホーム > アルバム > CHAN10561 ダラピッコラ:管弦楽作品集 2 - パルティータ/対話/アントニオ・マチャドの4つの抒情詩/3つの問いと2つの答え(BBCフィル/ノセダ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CHAN10561
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルイジ・ダラピッコラ Luigi Dallapiccola
作詞家
不詳 Anonymous , アンティオニオ・マシャード Antonio Machado
アーティスト
BBCフィルハーモニー管弦楽団 BBC Philharmonic Orchestra , ジリアン・キース Gillian Keith , ジャナンドレア・ノセダ Gianandrea Noseda , ポール・ワトキンス Paul Watkins

ダラピッコラ:管弦楽作品集 2 - パルティータ/対話/アントニオ・マチャドの4つの抒情詩/3つの問いと2つの答え(BBCフィル/ノセダ)

DALLAPICCOLA, L.: Orchestral Works, Vol. 2 - Partita / Dialoghi / 4 Liriche di Antonio Machado / 3 Questions with 2 Answers (BBC Philharmonic, Noseda)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CHAN10561

全トラック選択/解除

ルイジ・ダラピッコラ - Luigi Dallapiccola (1904-1975)

**:**
パルティータ

Partita

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386133
**:**
»  I. Passacaglia
1.

-

**:**
»  II. Burlesca
2.

-

**:**
»  III. Recitativo e fanfara
3.

-

**:**
»  IV. Naenia B.M.V.
4.

-

 
**:**
対話

Dialoghi

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386134
**:**
»  I. half note = 40 -
5.

-

**:**
»  II. half note = 80 (furioso) -
6.

-

**:**
»  III. half note = 40 -
7.

-

**:**
»  IV. quarter note = 120 -
8.

-

**:**
»  V. half note = 40
9.

-

 
**:**
アントニオ・マチャドの4つの抒情詩(声楽と室内オーケストラ編)

4 Liriche di Antonio Machado (version for voice and chamber orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386135
**:**
»  No. 1. La primavera ha venido
10.

-

**:**
»  No. 2. Ayer sone que veia
11.

-

**:**
»  No. 3. Senor, ya me arrancaste la que yo mas queria
12.

-

**:**
»  No. 4. La primavera ha venido
13.

-

 
**:**
3つの問いと2つの答え

Three Questions with Two Answers

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386136
**:**
»  I. Sostenuto
14.

-

**:**
»  II. Moderato
15.

-

**:**
»  III. Impetuoso
16.

-

**:**
»  IV. Largamente
17.

-

**:**
»  V. Molto sostenuto
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: shiori 投稿日:2010/01/15
低体温でアダージョが基本のダラピッコラの久々の作品集ですね。パルティータは前期の作風でしょうか、たぶんに後期ロマン派を引きずった感じの音で、ダラピッコラらしいイタリアというよりも、旧オーストリア帝国内にごく近いスロベニア風の雰囲気をこの曲でも感じます。その後の続く、声楽が入ったりする管弦楽集は、おなじみのダラピッコラ節、有名な囚われ人などとはテンションが別人のように違いますが、成熟期以後のダラピッコラの管弦楽作品は、ひたすら、低体温で、印象主義的で雅楽の間を踏んだような、ゆっくりした音楽を作っていきます。はまると心地いいですね。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。