ホーム > アルバム > CHAN10605 カゼッラ:交響曲第2番/スカルラッティアーナ(ラスコー/BBCフィル/ノセダ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CHAN10605
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アルフレード・カゼッラ Alfredo Casella
アーティスト
BBCフィルハーモニー管弦楽団 BBC Philharmonic Orchestra , ジャナンドレア・ノセダ Gianandrea Noseda , マーティン・ラスコー Martin Roscoe

カゼッラ:交響曲第2番/スカルラッティアーナ(ラスコー/BBCフィル/ノセダ)

CASELLA, A.: Orchestral Music, Vol. 1 (Roscoe, BBC Philharmonic, Noseda)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CHAN10605

全トラック選択/解除

アルフレード・カゼッラ - Alfredo Casella (1883-1947)

**:**
交響曲第2番 ハ短調 Op. 12

Symphony No. 2 in C Minor, Op. 12

録音: 12-13 January 2010, Studio 7, New Broadcasting House, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/446614
**:**
»  I. Lento grave solenne
1.

-

**:**
»  II. Allegro molto vivace
2.

-

**:**
»  III. Adagio quasi andante
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Tempo di marcia ben risoluto con fuoco
4.

-

**:**
»  Epilogo: Adagio mistico
5.

-

 
**:**
スカルラッティアーナ Op. 44

Scarlattiana, Op. 44

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/446615
**:**
»  I. Sinfonia: Lento grave, allegro molto vivace
6.

-

**:**
»  II. Minuetto: Allegretto ben moderato e grazioso
7.

-

**:**
»  III. Capriccio: Allegro vivacissimo e impetuoso
8.

-

**:**
»  IV. Pastorale: Andantino dolcemente mosso
9.

-

**:**
»  V. Finale: Lento molto e grave
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tanukawa 投稿日:2011/03/21
照明が落ち、ジュースやお菓子を片手にスクリーンに投影される世界にわくわくする・・・。この曲のスタートはまさにそんな感じです。それもそのはず、作曲者カゼッラはハリウッド音楽の礎を築いた作曲家テ・デスコの師匠にあたる人です。今我々が普通にヴィヴァルディを聴くことが出来るのは実はこの人のおかげというくらい20世紀初頭にヴィヴァルディ復興に尽力を尽くした人で、その関連の書籍で名前を見かけたことがありました。が、まさか本人がこれほどロマンティックな作品を書いていようとは。ピアノの名手でもあり、NMLでは同世代のレスピーギとの「ローマの噴水」が聴けたりもします。この作風、やはり時代の激流に流された音楽家の一人でもあります
レビュアー: 諸出助兵衛 投稿日:2012/10/09
ほとばしる情熱とリズム...! とでも言いましょうか 交響曲第2番には熱くて、そして逞しく、それでいて繊細な音楽があります。 マーラーの二番煎じだなんて もったいない! そんな言葉は無用であります。どうしてここまで埋もれていたのか不思議でなりません。 こんなに歌がある交響曲を20世紀に描いたカゼッラはステキです☆

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。