ホーム > アルバム > CHAN8764 ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第1番「海の交響曲」(ロンドン響/トムソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CHAN8764
CD発売時期
1989年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams
作詞家
ウォルト・ホイットマン Walt Whitman
アーティスト
ロードリック・エルムス Roderick Elms , イヴォンヌ・ケニー Yvonne Kenny , ブライデン・トムソン Bryden Thomson , ブライアン・・ライナー・クック Brian Rayner Cook , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra , ロンドン交響合唱団 London Symphony Chorus

ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第1番「海の交響曲」(ロンドン響/トムソン)

VAUGHAN WILLIAMS: Sea Symphony (A)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CHAN8764

全トラック選択/解除

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
交響曲第1番 「海の交響曲」

Symphony No. 1, "A Sea Symphony"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/144416
**:**
»  I. A Song for all Seas, all Ships: Moderato maestoso
1.

-

**:**
»  II. On the Beach at Night, alone: Largo sostenuto
2.

-

**:**
»  III. [Scherzo]: The Waves
3.

-

**:**
»  IV. The Explorers: Grave e molto adagio
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 一燈照隅 投稿日:2015/03/05
ヴォーン・ウィリアムズの「海の交響曲」は、ほとんど独唱と合唱によって埋め尽くされていて、交響曲というよりカンタータに近い曲です。歌詞はアメリカの国民的詩人ウォルター・ホイットマンの詩集「草の葉」から取られ作曲者によって編集されています。ユニゾンで“Behold, the sea itself !”(見上げよ、海そのものを!)で始まるところから気持ちが高ぶってきます。あまりにもベタな歌詞と音楽に「お前が見ればいい」といった人もいたらしいですが、大海原という未知なるものへの憧れ、そこへ向かって新たに漕ぎ出して行く進取な気持ちが表現されていて、気持ちを鼓舞したいときに聴きたくなる曲です。トムソンの海の交響曲は、視覚的な海の壮大さを表現するというよりも、ホイットマンの歌詞を大切にした心の豊かさを感じる演奏です。華やかさはないけれど、大海原をぼんやりと眺めていると、その大きさに自分の存在がちっぽけに感じてしまうような感覚を抱かせるいい演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。