ホーム > アルバム > CHAN8825 ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルク編)/ヘンデルの主題による変奏とフーガ(ラッブラ編) (ロンドン響/N. ヤルヴィ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CHAN8825
CD発売時期
1990年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
編曲者
アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg , エドマンド・ラッブラ Edmund Rubbra
アーティスト
ネーメ・ヤルヴィ Neeme Järvi , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルク編)/ヘンデルの主題による変奏とフーガ(ラッブラ編) (ロンドン響/N. ヤルヴィ)

BRAHMS: Piano Quartet No. 1 / Variations and Fugue on a Theme by Handel (arr. for orchestra)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CHAN8825

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 Op. 25 (編曲:シェーンベルク)

Piano Quartet No. 1 in G Minor, Op. 25 (orch. by Schoenberg)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/144147
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Allegro ma non troppo
2.

-

**:**
»  III. Andante con moto
3.

-

**:**
»  IV. Rondo all zingarese: Presto
4.

-

 
**:**
ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ Op. 24 (編曲:ラッブラ)

Variations and Fugue on a Theme by Handel, Op. 24 (orch. by Rubbra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/144148
**:**
»  Theme: Aria
5.

-

**:**
»  Variation 1: —
6.

-

**:**
»  Variation 2: Animato
7.

-

**:**
»  Variation 3: L'istesso tempo
8.

-

**:**
»  Variation 4: —
9.

-

**:**
»  Variation 5: —
10.

-

**:**
»  Variation 6: —
11.

-

**:**
»  Variation 7: Con vivacita
12.

-

**:**
»  Variation 8: —
13.

-

**:**
»  Variation 9: Poco sostenuto
14.

-

**:**
»  Variation 10: Energico [Vivace]
15.

-

**:**
»  Variation 11: Con moto
16.

-

**:**
»  Variation 12: —
17.

-

**:**
»  Variation 13: Largamente, ma non troppo
18.

-

**:**
»  Variation 14: Impetuoso
19.

-

**:**
»  Variation 15: —
20.

-

**:**
»  Variation 16: —
21.

-

**:**
»  Variation 17: Più Mosso
22.

-

**:**
»  Variation 18: —
23.

-

**:**
»  Variation 19: Leggiero vivace
24.

-

**:**
»  Variation 20: —
25.

-

**:**
»  Variation 21: —
26.

-

**:**
»  Variation 22: —
27.

-

**:**
»  Variation 23: Vivace
28.

-

**:**
»  Variation 24: —
29.

-

**:**
»  Variation 25: —
30.

-

**:**
»  Fugue
31.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2011/11/16
ヘンデルの主題による変奏曲とフーガに次いでピアノ四重奏曲がハンブルクで作曲されたのは、大学教授の娘アガーテとのうたかたの恋も消えたブラームスが28才の時でシューマンが逝って5年、42才のクララ・シューマンのピアノに弦楽器が加わって1861/11/16ハンブルクで初演されました。シェーンベルクの編曲による管弦楽曲版をネーメ・ヤルヴィ指揮、ロンドン交響楽団でどうぞ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。