ホーム > アルバム > CHAN9057-59 マーラー:交響曲第7番「夜の歌」、第9番(デンマーク国立放送響/セーゲルスタム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
CHAN9057-59
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
レイフ・セーゲルスタム Leif Segerstam , デンマーク国立放送交響楽団 Danish National Radio Symphony Orchestra

マーラー:交響曲第7番「夜の歌」、第9番(デンマーク国立放送響/セーゲルスタム)

MAHLER, G.: Symphonies Nos. 7 and 9 (Danish National Radio Symphony, Segerstam)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CHAN9057-59

全トラック選択/解除

Disc 1

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」

Symphony No. 7 in E Minor

録音: 04-06 November 1991, Danish Radio Symphony Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3027131
**:**
»  I. Langsam - Allegro con fuoco
1.

-

**:**
»  II. Nachtmusik: Allegro moderato
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Schattenhaft
3.

-

Disc 2

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」

Symphony No. 7 in E Minor

録音: 04-06 November 1991, Danish Radio Symphony Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3027131
**:**
»  IV. Nachtmusik: Andante amoroso
1.

-

**:**
»  V. Rondo - Finale
2.

-

 
**:**
交響曲第9番 ニ長調

Symphony No. 9 in D Major

録音: 23-25 September 1991, Danish Radio Symphony Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3030762
**:**
»  I. Andante comodo
3.

-

Disc 3

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第9番 ニ長調

Symphony No. 9 in D Major

録音: 23-25 September 1991, Danish Radio Symphony Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3030762
**:**
»  II. Im Tempo eines gemächlichen Ländlers - Etwas tappisch und sehr derb
1.

-

**:**
»  III. Rondo-Burleske: Allegro assai
2.

-

**:**
»  IV. Adagio
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2013/08/08
7番を聴きました。NMLではこの作品の演奏で最長、ということで遅いのですが、細心かつ時に斬新な表情づけとオーケストラの明瞭さのためたるむことなく大きな音楽づくりがなされています。通常地味な4つの楽章のあと取りつかれたように派手な最終楽章となるのですが、最初の4つが意外に色彩感と光彩にあふれており、逆に最終楽章は大らかで力まない澄んだ伸びやかな雰囲気のためほとんど唐突さが感じられず、自然に高揚して終結していく感じがユニークです。デンマーク国立放送響の清潔な響きながら堂々たる充実の合奏と指揮者の練達ぶりを堪能しました。
レビュアー: sammy 投稿日:2013/08/13
9番も聴いてみました。きりっと澄んだ響きでさっそうとというのでも、遅いテンポで濃密にというのでもなく、遅いテンポながら澄んだ響きでくっきりと、丁寧に暖かく歌われる、作品のシリアスさが滲み出すような美しい演奏と感じました。作品の美質を気品あふれる落ち着いた響きで力むことなく伸びやかに歌った終楽章の静かな美しさは格別と感じました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。