ホーム > アルバム > CHAN9855-58 プロコフィエフ:歌劇「戦争と平和」(英語歌唱)(スポレート音楽祭管/ヒコックス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CHAN9855-58
CD発売時期
2000年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev
作詞家
セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev
アーティスト
マルクス・ファン・デン・アッカー Marcus Van Den Akker , ロードリック・ウィリアムズ Roderick Williams , チャールズ・ロバート・オースティン Charles Robert Austin , アラン・オピー Alan Opie , トーマス・ガスリー Thomas Guthrie , リチャード・コクソン Richard Coxon , ワディム・ザプレチニー Vadim Zaplechny , ニール・ジェンキンス Neil Jenkins , セルゲイ・シルマノフ Sergei Schirmanov , パメラ・ヘレン・スティーヴン Pamela Helen Stephen , スポレート音楽祭管弦楽団 Spoleto Festival Orchestra , オレグ・ドルゴフ Oleg Dolgov , リチャード・ヒコックス Richard Hickox , カテリーヌ・ピラード Catherine Pierard , ロバート・ベイカー Robert Baker , リヒャルト・ヘザーリングトン Richard Hetherington , ヘンリー・モス Henry Moss , エカテリーナ・モロゾワ Ekaterina Morozova , アラン・ユーイング Alan Ewing , ジャスティン・ラヴェンダー Justin Lavender , ヴィクトリア・リヴェングッド Victoria Livengood , ロシア国立シンフォニック・カペラ Russian State Symphonic Cappella , Oleg Balashov , Liuba Chuchrova , Stephen Dupont , Elena Ionova , Dmitry Kanevsky , Igor Matioukhin , Tatiana Odinokova , Vladimir Ognev

プロコフィエフ:歌劇「戦争と平和」(英語歌唱)(スポレート音楽祭管/ヒコックス)

PROKOFIEV: War and Peace

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CHAN9855-58

全トラック選択/解除

Disc 1

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
歌劇「戦争と平和」 Op. 91(英語歌唱)

Voyna i mir (War and Peace), Op. 91

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/158378
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Scene 1: The radiance of the sky in spring … (Prince Andrey)
2.

-

**:**
»  Scene 1: I won’t, I can’t sleep (Natasha)
3.

-

**:**
»  Scene 1: O God, my God! What a shame to sleep! (Natasha)
4.

-

**:**
»  Scene 2
5.

-

**:**
»  Scene 2: Chorus! Let the chorus begin! (Host)
6.

-

**:**
»  Scene 2: Look, the colonel’s dancing the mazurka (Peronskaya, Akhrosimova, Helene, Anatoly, Count Rostov)
7.

-

**:**
»  Scene 2: Will no one choose me as a partner? (Natasha)
8.

-

**:**
»  Scene 2: When I was at Otradnoye in May (Prince Andrey)
9.

-

**:**
»  Scene 3: The young Prince’s fiancee (Old Footman)
10.

-

**:**
»  Scene 3: Ah, Madam, young lady … (Prince Nikolay Bolkonsky)
11.

-

**:**
»  Scene 4: The charming, delightful Natasha (Helene)
12.

-

**:**
»  Scene 4: She's wonderful and so beautiful (Natasha)
13.

-

**:**
»  Scene 5: At 10 o'clock in the evening, she'll be waiting (Anatoly)
14.

-

**:**
»  Scene 5: Balaga! (Dolokhov)
15.

-

Disc 2

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
歌劇「戦争と平和」 Op. 91(英語歌唱)

Voyna i mir (War and Peace), Op. 91

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/158378
**:**
»  Scene 6: Oh, my dear Miss Natasha, all is lost, it seems (Dunyasha)
1.

-

**:**
»  Scene 6: A fine young lady you are! (Akhrosimova)
2.

-

**:**
»  Scene 6: I've sought to avoid her (Pierre)
3.

-

**:**
»  Scene 7: Picture the scene, Countess (Metivier)
4.

-

**:**
»  Epigraph: The forces of 2 and 10 European nations (Chorus)
5.

-

Disc 3

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
歌劇「戦争と平和」 Op. 91(英語歌唱)

Voyna i mir (War and Peace), Op. 91

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/158378
**:**
»  Scene 8: Come on lads! That's the way! (Volunteers, Tikhon)
1.

-

**:**
»  Scene 8: Denisov, her first fiancee (Prince Andrey)
2.

-

**:**
»  Scene 8: It's the master, look at him! (Fyodor)
3.

-

**:**
»  Scene 8: Hurrah! Hurrah! (Chorus of Soldiers)
4.

-

**:**
»  Scene 8: There is no people greater than ours (Kutuzov)
5.

-

**:**
»  Scene 9: The wine is uncorked; we must drink it (Napoleon)
6.

-

**:**
»  Scene 10: And so, gentlemen, the question is … (Benigsen)
7.

-

**:**
»  Scene 10: The enemy bears down on us with fire and steel (Soldier)
8.

-

**:**
»  Scene 10: When, oh when was this dreadful business decided? (Kutuzov)
9.

-

Disc 4

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
歌劇「戦争と平和」 Op. 91(英語歌唱)

Voyna i mir (War and Peace), Op. 91

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/158378
**:**
»  Scene 11: Moscow's deserted! (Ramballe)
1.

-

**:**
»  Scene 11: I must do the deed, or die (Pierre)
2.

-

**:**
»  Scene 11: Where did you get such a good going-over, lads? (Jacqueau)
3.

-

**:**
»  Scene 11: Davout, the cruel Davout, the emperor Napoleon's hatchet man! (Pierre)
4.

-

**:**
»  Scene 11: Nothing matters now, nothing (Pierre)
5.

-

**:**
»  Scene 11: What a dreadful scene! (Napoleon)
6.

-

**:**
»  Scene 12: It's stretching higher and further (Prince Andrey)
7.

-

**:**
»  Scene 12: Has fate really brought us together so strangely today … (Prince Andrey)
8.

-

**:**
»  Scene 13: We've burnt our bridges … (Ramballe)
9.

-

**:**
»  Scene 13: Hey! Hey! Hey! (Voice Off-Stage)
10.

-

**:**
»  Scene 13: Dolokhov said that Helene had passed away (Pierre)
11.

-

**:**
»  Scene 13: The Commander-in-chief is coming! (Adjutant)
12.

-

**:**
»  Scene 13: The enemy has been put to rout (Kutuzov)
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: honesty 投稿日:2011/03/03
ロシアの文豪、トルストイの全4巻に及ぶ大河小説を、プロコフィエフが、約4時間、4部にかけてのオペラ化した大作。戦争と否応なくそれに翻弄される人間の物語。独裁者スターリン体制下の時代の作。多くの出演者を要するので、取り上げられる機会は少ないだけに、聴くことが出来るのは貴重。スターリンと同じ日にこの世を去ったプロコフィエフ、真面目過ぎるほどにに取り組み、とんがった音は意外に少ない、と思ったら、クライマックスで暴れてます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。