ホーム > アルバム > CKD639 テンドゥッチの試練 - アイルランドのカストラート、G.F.テンドゥッチにまつわる古典派声楽作品集(エロート/ウィーラン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CKD639
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 声楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
トーマス・オーガスティン・アーン Thomas Augustine Arne , ジュゼッペ・ジョルダーニ Giuseppe Giordani , トマゾ・ジョルダーニ Tommaso Giordani , ヨハン・クリスティアン・バッハ Johann Christian Bach , ヨハン・クリスティアン・フィッシャー Johann Christian Fischer , ピエール・ファン・マルデーレ Pierre van Maldere , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
作詞家
トーマス・オーガスティン・アーン Thomas Augustine Arne , ジュゼッペ・ジョルダーニ Giuseppe Giordani , 不詳 Anonymous
アーティスト
アイルランド・バロック・オーケストラ Irish Baroque Orchestra , ピーター・ウィーラン Peter Whelan , タラ・エロート Tara Erraught , アンドレアス・ヘルム Andreas Helm

テンドゥッチの試練 - アイルランドのカストラート、G.F.テンドゥッチにまつわる古典派声楽作品集(エロート/ウィーラン)

Vocal and Orchestral Music (18th Century) - ARNE, T.A. / BACH, J.C. / FISCHER, J.C. / MOZART, W.A. (The Trials of Tenducci) (Erraught, Whelan)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CKD639

全トラック選択/解除

ピエール・ファン・マルデーレ - Pierre van Maldere (1729-1768)

**:**
交響曲 ト長調

Symphony in G Major

録音: 8-10 February 2020, St Peter's Church, Drogheda, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8888689
**:**
»  I. Allegro assai
1.

-

**:**
»  II.Andantino
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

トーマス・オーガスティン・アーン - Thomas Augustine Arne (1710-1778)

**:**
歌劇「アルタクセルクセス」(抜粋)

Artaxerxes (excerpts)

録音: 8-10 February 2020, St Peter's Church, Drogheda, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8888690
**:**
»  Act I: Air: Amid a thousand racking woes
4.

-

**:**
»  Act III: Water parted from the sea
5.

-

トマゾ・ジョルダーニ - Tommaso Giordani (1730-1806)

**:**
聖人たちの島に捧ぐ、高名な序曲とアイルランド民謡メドレー

The Celebrated Overture and Irish Medley to the Island of Saints

録音: 8-10 February 2020, St Peter's Church, Drogheda, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8888691
**:**
»  I. Allegro spiritoso
6.

-

**:**
»  II. Shepherds I Have Lost My Love
7.

-

**:**
»  III. The Irish Medley
8.

-

ジュゼッペ・ジョルダーニ - Giuseppe Giordani (1751-1798)

**:**
いとしい女よ(カロ・ミオ・ベン)
9.

Caro mio ben

録音: 8-10 February 2020, St Peter's Church, Drogheda, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8888692

トマゾ・ジョルダーニ - Tommaso Giordani (1730-1806)

**:**
メアリ女王の嘆き
10.

Queen Mary's Lamentation

録音: 8-10 February 2020, St Peter's Church, Drogheda, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8888693

ヨハン・クリスティアン・フィッシャー - Johann Christian Fischer (1733-1800)

**:**
オーボエ協奏曲第7番 ヘ長調
11.

Oboe Concerto No. 7 in F Major: III. Andante "Gramachree Molly"

録音: 8-10 February 2020, St Peter's Church, Drogheda, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8888694

ヨハン・クリスティアン・バッハ - Johann Christian Bach (1735-1782)

**:**
コンサート・アリア 「よろしい、行くように…私は君を残して行くが」 W. LG2
12.

Ebben si vada … Io ti lascio, W. LG2

録音: 8-10 February 2020, St Peter's Church, Drogheda, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8888695
 
**:**
バレンデンの丘
13.

Braes of Ballanden (Beneath a green shade)

録音: 8-10 February 2020, St Peter's Church, Drogheda, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8888696

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
モテット 「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」(エクスルターテ・ユビラーテ) K. 165

Exsultate jubilate, K. 165

録音: 8-10 February 2020, St Peter's Church, Drogheda, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8888697
**:**
»  Exsultate, jubilate
14.

-

**:**
»  Fulgat amica dies
15.

-

**:**
»  Tu virginum corona
16.

-

**:**
»  Allelujah
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/02/01
【英国諸島を沸かせた波乱の天才――人気上昇中の注目歌手と精鋭古楽器陣による古典派傑作選】変声期前に特殊な手術を受けることにより高音の美声を保ち、18世紀にはオペラの花形だったカストラートには、絶大な名声を誇った者も少なくなく、世紀後半もその人気は衰えませんでした。モーツァルトと縁のあったラウッツィーニやイタリア半島を席巻したカッファレッリら古典派時代を沸かせた名歌手たちと並んで見逃せないのが、このアルバムの主人公ジュスト・フェルディナンド・テンドゥッチ(1736頃-1790)。イタリア北西部サヴォイア公国で頭角を現し、軽快な美声でロンドンを虜にした彼は、エディンバラでも成功を収めつつ生涯の多くをダブリンで過ごしました。借金や駆け落ちなどでたびたび裁判沙汰に追われながら、何度も舞台に戻っては大喝采を受け、大成功のうちに引退して絶大な名声のなかで亡くなります。ここでは欧州歌劇界で今最も注目される新進メゾ・ソプラノの一人、ロマン派以降の作品でも絶好調のタラ・エロートがテンドゥッチの名声を振り返る傑作群を披露。J.C.バッハやジョルダーニ(名高い「カロ・ミオ・ベン」はこの頃の英国で初出版されたばかりか、実はテンドゥッチ得意の持ち歌の一つでした)ら、大陸の作曲家たちの英国における活躍ぶりがうかがえる名品も並ぶ中、英国18世紀を代表する作曲家アーンの大作『アータゼアクシーズ(アルタクセルクセス)』でテンドゥッチが演じた役柄の歌も収録する充実度。親交のあったモーツァルトとの縁から選曲されている『エクスルターテ・ユビラーテ』も含め、オーボエ独奏やフォルテピアノの巧みな技も光る、アイルランド・バロック管の抜群の解釈にも注目です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。