ホーム > アルバム > CKD675 ヘンデル:オラトリオ「復活」 HWV 47 (ベヴァン/クロウ/デイヴィス/ハイマス/イングリッシュ・コンサート/ビケット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CKD675
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル
作曲家
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル George Frideric Handel
作詞家
カルロ・ジジスモンド・カペーチェ Carlo Sigismondo Capece
アーティスト
イングリッシュ・コンサート English Concert , ルーシー・クロウ Lucy Crowe , イェスティン・デイヴィス Iestyn Davies , ヒューゴ・ハイマス Hugo Hymas , ハリー・ビケット Harry Bicket , ソフィー・ベヴァン Sophie Bevan , アシュリー・リッチズ Ashley Riches

ヘンデル:オラトリオ「復活」 HWV 47 (ベヴァン/クロウ/デイヴィス/ハイマス/イングリッシュ・コンサート/ビケット)

HANDEL, G.F.: Oratorio per la Resurrezione di Nostro Signor Gesù Cristo, HWV 47 [Oratorio] (Bevan, Crowe, I. Davies, Hymas, English Concert, Bicket)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CKD675

全トラック選択/解除

Disc 1

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
オラトリオ「復活」 HWV 47

Oratorio per la Resurrezione di Nostro Signor Gesù Cristo, HWV 47

録音: 18-21 April 2021, Sage Gateshead, Newcastle, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9379934
**:**
»  Part I: Sonata
1.

-

**:**
»  Part I: Aria: Disserratevi, o porte d'Averno (Angel)
2.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Qual in solita luce (Lucifer)
3.

-

**:**
»  Part I: Aria: Caddi, è ver, ma nel cader (Lucifer)
4.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Ma che veggio (Angel, Lucifer)
5.

-

**:**
»  Part I: Aria: D'amor fu consiglio (Angel)
6.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Ebben, questo tuo Nume (Angel, Lucifer)
7.

-

**:**
»  Part I: Aria: O' voi dell'Erebo (Lucifer)
8.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Notte funesta (Magdalene)
9.

-

**:**
»  Part I: Aria: Ferma l'ali (Magdalene)
10.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Concedi o Magdalena (Cleophas, Magdalene)
11.

-

**:**
»  Part I: Arioso: Piangete, si, piangete (Cleophas)
12.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Ahi dolce mio Signore (Magdalene, Cleophas)
13.

-

**:**
»  Part I: Duet: Dolci chiodi (Magdalene, Cleophas)
14.

-

**:**
»  Part I: Recitative: O Cleofe (Giovanni, Magdalene)
15.

-

**:**
»  Part I: Aria: Quando è parto dell'affetto (Giovanni)
16.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Ma dinne, e sarà vero (Cleophas, Giovanni, Magdalene)
17.

-

**:**
»  Part I: Aria: Naufragando va per l'onde (Cleophas)
18.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Itene pure, o fide amiche donne (Giovanni, Magdalene)
19.

-

**:**
»  Part I: Aria: Così la tortorella (Giovanni)
20.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Se Maria dunque spera (Magdalene)
21.

-

**:**
»  Part I: Aria: Ho un non so che nel cor (Magdalene)
22.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Uscite pur, uscite (Angel)
23.

-

**:**
»  Part I: Il Nume vincitor (All)
24.

-

Disc 2

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
オラトリオ「復活」 HWV 47

Oratorio per la Resurrezione di Nostro Signor Gesù Cristo, HWV 47

録音: 18-21 April 2021, Sage Gateshead, Newcastle, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9379934
**:**
»  Part II: Introduction
1.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Di quai nuovi portenti (Giovanni)
2.

-

**:**
»  Part II: Aria: Ecco il sol ch'esce dal mare (Giovanni)
3.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Ma ove Maria dimora (Giovanni)
4.

-

**:**
»  Part II: Aria: Risorga il mondo (Angel)
5.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Di rabbia indarno freme (Angel)
6.

-

**:**
»  Part II: Duet: Misero! Ho pur udito? (Angel, Lucifer)
7.

-

**:**
»  Part II: Aria: Per celare il nuovo scorno (Lucifer)
8.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Oh come cieco il tuo furor delira! (Angel)
9.

-

**:**
»  Part II: Duet: Impedirlo saprò! (Lucifer, Angel)
10.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Amica, troppo tardo fu il nostro pie (Magdalene, Cleophas)
11.

-

**:**
»  Part II: Aria: Per me già di morire (Magdalene)
12.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Ahi, aborrito nome! (Lucifer)
13.

-

**:**
»  Part II: Aria: Vedo il ciel (Cleophas)
14.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Cleofe, siam giunte al luogo (Magdalene, Angel, Cleophas)
15.

-

**:**
»  Part II: Aria: Se per colpa di donna infelice (Angel)
16.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Mio Gesù, mio Signore (Magdalene)
17.

-

**:**
»  Part II: Aria: Del ciglio dolente (Magdalene)
18.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Sì, sì, cerchiamo pur (Cleophas)
19.

-

**:**
»  Part II: Augelletti, ruscelletti (Cleophas)
20.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Dove sì frettolosi (Giovanni, Cleophas)
21.

-

**:**
»  Part II: Aria: Caro Figlio, amato Dio (Giovanni)
22.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Cleofe, Giovanni, udite (Magdalene, Giovanni, Cleophas)
23.

-

**:**
»  Part II: Aria: Se impassibile, immortale (Magdalene)
24.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Sì, sì, col redentore (Giovanni, Cleophas, Magdalene)
25.

-

**:**
»  Part II: Diasi lode in cielo, in terra (All)
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/02/01
【英国の古楽器演奏シーン最前線から届いた、ヘンデル若き日の傑作オラトリオ新録音!】ロンドンに渡り破竹の勢いでオペラの世界を席巻する前、若い頃にはハンブルクの歌劇場を経てイタリアに渡り、本場の劇音楽を肌で体感して芸術性を養ったヘンデル。その青年期の大きな成功作の一つが、1708年にローマで初演されたオラトリオ『復活』でした。イエスの死を嘆く(聖母ではない)2人のマリアを中心に、イエスが復活したという話題を当人不在の中で歌い継ぎながらキリスト教信仰の核心へと迫る内容で、数々の金管奏者やヴィオラ・ダ・ガンバ独奏まで加わる当時としては異例の大編成オーケストラが起用され、初演時には名匠コレッリがヴァイオリンを弾きながら楽団をまとめました。起伏に富んだ音楽作りはストラデッラやアレッサンドロ・スカルラッティら17世紀イタリアの作曲家たちの先例に倣いつつも、既にヘンデルならではの雄弁な音使いが見られ、後年の作品に転用されてゆくナンバーも少なからず含まれています。既存盤にも意欲的な名演は少なくありませんが、21世紀の英国古楽界を担う多才な指揮者ビケット率いるイングリッシュ・コンサートの新しい録音は、最前線の瑞々しさと堅固な解釈設計のどちらにも秀でた魅力あふれる仕上がりで、この傑作に接する喜びを存分に味あわせてくれます。通奏低音にはテオルボと鍵盤2台が加わり、弦楽構成は6/6/3/3/2と18世紀初頭の作品にしては大規模な編成。全体として若いメンバーが目立つ中でもピノック時代からのトランペット奏者マーク・ベネットやトラヴェルソのリザ・ベズノシウク、ガンバのジョナサン・マンソンらヴェテランたちも絶妙な活躍をみせ、頼もしき名歌手ルーシー・クロウや英国カウンターテナー界を席巻するイェスティン・デイヴィスら独唱陣もそれぞれに確かな存在感で迫ります。昨年の《ロデリンダ》(CKD658)に次ぐビケットの快進撃、今後も楽しみでなりません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。