ホーム > アルバム > COR16021 ビクトリア:エレミアの哀歌(シックスティーン/クリストファーズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
COR16021
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
トマス・ルイス・デ・ビクトリア Tomás Luis de Victoria
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament
アーティスト
ハリー・クリストファーズ Harry Christophers , シックスティーン Sixteen, The

ビクトリア:エレミアの哀歌(シックスティーン/クリストファーズ)

VICTORIA: Lamentations of Jeremiah

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/COR16021

全トラック選択/解除

トマス・ルイス・デ・ビクトリア - Tomás Luis de Victoria (1548-1611)

**:**
Lamentations for Maundy Thursday

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/114632
**:**
»  Incipit lamentatio Jeremiae
1.

-

**:**
»  Et egressus est
2.

-

**:**
»  Manum suam
3.

-

**:**
»  Hymn: Vexilla Regis
4.

-

 
**:**
Lamentations for Good Friday

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/114633
**:**
»  Cogitavit Dominus
5.

-

**:**
»  Matribus suis dixerunt
6.

-

**:**
»  Ego vir videns
7.

-

**:**
»  Hymn: Pange Lingua
8.

-

 
**:**
Lamentations for Holy Saturday

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/114634
**:**
»  Misericordiae Domini
9.

-

**:**
»  Quomodo obscuratum
10.

-

**:**
»  Incipit oratio Jeremiae
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2011/08/19
トマス・ルイス・デ・ヴィクトリアの没後400年を記念してエレミアの哀歌です。1548年スペインのアビラ出身で17才の時フェリペ2世の奨学金でローマのイエズス会ドイツ学院に学びましたが、27才で司祭の資格を取得しローマで司祭を務め37才で帰国後はマドリード近郊の修道院で司祭兼楽長、オルガニストに。世俗曲は作らず、ひたすら神に仕え、神に捧げる曲のみを作曲し1611/8/20 帰天しました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。