ホーム > アルバム > COR16181 ハイドン:交響曲第100番「軍隊」/ネルソン・ミサ(ベヴァン/ウィン=ロジャース/ヘンデル&ハイドン・ソサエティ管/クリストファーズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
COR16181
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
キャサリン・ウィン=ロジャース Catherine Wyn-Rogers , ハリー・クリストファーズ Harry Christophers , ソーニャ・デュトワ・テングブラッド Sonja DuToit Tengblad , サマー・トンプソン Sumner Thompson , ジェレミー・バッド Jeremy Budd , メアリー・ベヴァン Mary Bevan , ヘンデル&ハイドン・ソサエティ合唱団 Handel and Haydn Society Chorus , ヘンデル&ハイドン・ソサエティ管弦楽団 Handel and Haydn Society Orchestra

ハイドン:交響曲第100番「軍隊」/ネルソン・ミサ(ベヴァン/ウィン=ロジャース/ヘンデル&ハイドン・ソサエティ管/クリストファーズ)

HAYDN, J.: Symphony No. 100, "Military" / Mass No. 11, "Nelsonmesse" (Bevan, Wyn-Rogers, Handel and Haydn Society Chorus and Orchestra, Christophers)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/COR16181

全トラック選択/解除

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
交響曲第100番 ト長調 「軍隊」 Hob.I:100

Symphony No. 100 in G Major, Hob.I:100, "Military"

録音: 24 and 26 January 2020, Live recording, Symphony Hall, Boston, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8246576
**:**
»  I. Adagio - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Menuet: Moderato
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
4.

-

 
**:**
ミサ曲第9番 ニ短調 「ネルソン・ミサ」 Hob.XXII:11

Mass No. 11 in D Minor, Hob.XXII:11, "Nelsonmesse", "Imperial Mass", "Coronation Mass"

録音: 24 and 26 January 2020, Live recording, Symphony Hall, Boston, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8247876
**:**
»  Kyrie
5.

-

**:**
»  Gloria: Gloria in excelsis Deo
6.

-

**:**
»  Gloria: Qui tollis peccata mundi
7.

-

**:**
»  Gloria: Quoniam tu solus sanctus
8.

-

**:**
»  Credo: Credo in unum Deum
9.

-

**:**
»  Credo: Et incarnatus est
10.

-

**:**
»  Credo: Et resurrexit
11.

-

**:**
»  Sanctus
12.

-

**:**
»  Benedictus
13.

-

**:**
»  Agnus Dei: Agnus Deiqui tollis peccata mundi
14.

-

**:**
»  Agnus Dei: Dona nobis pacem
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2020/12/23
1798年8月1日にネルソン提督がナイル海戦でナポレオンの仏艦隊を完膚無きまで打ち破った勝報が届くか届かないかの9月15日に「ネルソン・ミサ」は初演されたとあります。ハイドン自ら「困苦の時のミサ」と名付けているように、祖国オーストリアは仏との戦時中で冒頭のKyrieから管楽器が鳴り響き打楽器が多用され勇ましい印象で進行して行く戦勝祈願的なドラマティックなミサ曲です。このハリー・クリストファーズ指揮ヘンデル&ハイドン・ソサエティの演奏は、緩急自在で、ミサ曲では不謹慎かもしれませんが「面白い」演奏を繰り広げており、中だるみなく終盤の山である「Benedictus」に続いていき、「Agnus Dei」まで一気に聞かせます。特筆すべきは、独唱と合唱を含め演奏が手に取るように聞き分けられる分かりやすさであり、それは高い録音技術によるものもあると思われます。この曲の新たな名演奏だと思いました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。