ホーム > アルバム > CSOR901918 ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲/4つの練習曲/バレエ音楽「プルチネッラ」(コンスタンチネスク/ファン/ケテルセン/シカゴ響/ブーレーズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CSOR901918
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
イーゴリ・ストラヴィンスキー Igor Stravinsky
作詞家
レオニード・マシーン Leonide Massine
アーティスト
カイル・ケテルセン Kyle Ketelsen , ロクサーナ・コンスタンティネスク Roxana Constantinescu , シカゴ交響楽団 Chicago Symphony Orchestra , ニコラス・ファン Nicholas Phan , ピエール・ブーレーズ Pierre Boulez

ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲/4つの練習曲/バレエ音楽「プルチネッラ」(コンスタンチネスク/ファン/ケテルセン/シカゴ響/ブーレーズ)

STRAVINSKY, I.: Pulcinella / Symphony in 3 Movements / 4 Etudes (Constantinescu, Phan, Ketelsen, Chicago Symphony, Boulez)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CSOR901918

全トラック選択/解除

イーゴリ・ストラヴィンスキー - Igor Stravinsky (1882-1971)

**:**
3楽章の交響曲

Symphony in 3 Movements

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386602
**:**
»  I. quarter note = 160
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Con moto
3.

-

 
**:**
管弦楽のための4つの練習曲

4 Etudes for Orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386603
**:**
»  No. 1. Danse: Con moto
4.

-

**:**
»  No. 2. Excentrique: Moderato
5.

-

**:**
»  No. 3. Cantique: Largo
6.

-

**:**
»  No. 4. Madrid: Allegro con moto
7.

-

 
**:**
バレエ音楽「プルチネッラ」

Pulcinella

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386601
**:**
»  Ouverture: Allegro moderato
8.

-

**:**
»  Serenata: Larghetto - Mentre l'erbetta (Tenor)
9.

-

**:**
»  Scherzino: Allegro
10.

-

**:**
»  Allegro
11.

-

**:**
»  Ancora poco meno - Contento forse vivere (Mezzo-soprano)
12.

-

**:**
»  Allegro assai
13.

-

**:**
»  Allegro - Con queste paroline (Bass)
14.

-

**:**
»  Andante - Sento dire no'nce pace (Mezzo-soprano, Tenor, Bass)
15.

-

**:**
»  Chi disse ca la femmena (Tenor)
16.

-

**:**
»  Nce sta quaccuna po' (Mezzo-soprano, Tenor)
17.

-

**:**
»  Presto - Una te fa la 'nzemprece (Tenor)
18.

-

**:**
»  Larghetto
19.

-

**:**
»  Allegro alla breve
20.

-

**:**
»  Tarantella: Allegro moderato
21.

-

**:**
»  Se tu m'ami (Mezzo-soprano)
22.

-

**:**
»  Allegro
23.

-

**:**
»  Gavotta con due variazioni: Allegro moderato
24.

-

**:**
»  Gavotta con due variazioni: Variation 1
25.

-

**:**
»  Gavotta con due variazioni: Variation 2
26.

-

**:**
»  Vivo
27.

-

**:**
»  Tempo di minuetto - Pupillitte, fiammette d'amore (Bass, Tenor, Mezzo-soprano)
28.

-

**:**
»  Finale: Allegro assai
29.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tanukawa 投稿日:2010/03/03
ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団というChooo-メジャーな演奏陣によるストラヴィンスキーの”新古典主義”まっただなかな作品集。ブーレーズは齢を重ねるにしたがってどんどん透明になっていきますね。最初の「春の祭典」の録音ではアメ車のオープンカーに乗ってグラサンにイタリアンなスーツって感じのベンチャー企業社長のフランス人青年(勝手な感想で済みません)が、どんどん清楚な演奏になって今ではレクサスの後部座席にのる有能な社長といった感じに。おっそろしく耳のいい指揮者ぶりはここでもばりばりに健在ですね。プルチネッラは全曲版。序曲からとても上品な世界が拡がる演奏です。
レビュアー: yasu 投稿日:2016/01/07
2016年1月5日、フランスの作曲家、指揮者である巨匠ピエール・ブーレーズが永眠しました。享年90歳。作曲家としてピアノ・ソナタ第2番、ル・マルトー・サン・メートル(主なき槌)などの代表作を残し、ドイツ・グラモフォンにはシカゴ交響楽団、クリーヴランド管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など、世界一流のオーケストラを指揮した録音を多く残しています。このアルバムは、ブーレーズ85歳の誕生日を記念してリリースしたストラヴィンスキー作品集です(2009年録音)。彼がもっとも得意とする作曲家だけに、緻密な音楽作りは、非の打ち所がない仕上がりになっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。