ホーム > アルバム > CVS007 ブランシャール:テ・デウム/コラン・ド・ブラモン:テ・デウム(アンサンブル・マルグリット・ルイーズ/ストラディヴァリア/キュイエ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CVS007
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
フランソワ・コラン・ド・ブラモン Francois Collin de Blamont , アントワーヌ・ディ・エスプリ・ブランシャール Antoine dit Esprit Blanchard
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
アンサンブル・マルグリット・ルイーズ Ensemble Marguerite Louise , ダニエル・キュイエ Daniel Cuiller , シリル・コスタンツォ Cyril Costanzo , ロマン・シャンピョン Romain Champion , ストラディヴァリア Stradivaria , 高橋美千子 Michiko Takahashi , セバスティアン・モンティ Sebastian Monti

ブランシャール:テ・デウム/コラン・ド・ブラモン:テ・デウム(アンサンブル・マルグリット・ルイーズ/ストラディヴァリア/キュイエ)

BLANCHARD, A. dit E.: Te Deum / COLLIN DE BLAMONT, F.: Te Deum (La guerre des Te Deum) (Ensemble Marguerite Louise, Stradivaria, Cuiller)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CVS007

全トラック選択/解除

アントワーヌ・ディ・エスプリ・ブランシャール - Antoine dit Esprit Blanchard (1696-1770)

**:**
テ・デウム

Te Deum

録音: 30 June 2018, Chapel of the Palace of Versailles, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7078528
**:**
»  Te deum laudamus (Chorus)
1.

-

**:**
»  Tibi omnes Angeli (Chorus)
2.

-

**:**
»  Tibi cherubim et seraphim (Chorus)
3.

-

**:**
»  Pleni sunt coeli et terra (Contralto)
4.

-

**:**
»  Patrem immensae majestatis (Tenor duet)
5.

-

**:**
»  Tu Rex gloriae, Christe (Soprano duet)
6.

-

**:**
»  Te ergo quaesumus (Chorus)
7.

-

**:**
»  Aeterna fac cum Sanctis tuis (Baritone)
8.

-

**:**
»  Salvum fac (Baritone)
9.

-

**:**
»  Per singulos dies (Contralto, Chorus)
10.

-

**:**
»  Dignare Domine (Soprano)
11.

-

**:**
»  In te Domine speravi: Non confundar (Chorus)
12.

-

フランソワ・コラン・ド・ブラモン - Francois Collin de Blamont (1690-1760)

**:**
テ・デウム

Te Deum

録音: 30 June 2018, Chapel of the Palace of Versailles, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7079959
**:**
»  Te deum laudamus (Tenor)
13.

-

**:**
»  Te deum laudamus (Chorus)
14.

-

**:**
»  Tibi omnes angeli (Chorus)
15.

-

**:**
»  Sanctus dominus deus sabaoth (Chorus)
16.

-

**:**
»  Pleni sunt cæli el terra (Bass)
17.

-

**:**
»  Te gloriousus apostolorum dessus (Soprano, Tenor, Bass)
18.

-

**:**
»  Tu rex gloriae (Soprano)
19.

-

**:**
»  Tu, devicto (Tenor duet, Bass)
20.

-

**:**
»  Te ergo quaesumus (Tenor duet, Bass)
21.

-

**:**
»  Salvum fac (Chorus)
22.

-

**:**
»  Per singulos dies (Tenor)
23.

-

**:**
»  Dignare domine (Bass)
24.

-

**:**
»  Fiat misericordia tua (Bass)
25.

-

**:**
»  In te domine speravi (Chorus)
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/03/01
壮麗なオーケストラを伴う傑作が多い祝賀の讃歌『テ・デウム』。古くはシャルパンティエやリュリの傑作もあるところ、オーケストラが発達してきた18世紀半ばの作品はさらなる豪奢な響きがたまりません。ヴェルサイユ宮殿の催事チームが本格的に携わり制作を進めたこの最新新譜はまさにルイ15世時代の2傑作を収録。どちらの仕上がりに軍配をあげるかで王室が割れたほどの、ラモー全盛期のオーケストラ語法を最大限に活かしたいずれ劣らぬ名品です。宗教否定のフランス大革命がなければ、19世紀以後も延々演奏されていたに違いないクオリティを見出したのは、フランス中部の古都ナントに本拠を置き、40年以上にわたる活動期間を通じて本家ラ・フォル・ジュルネにも例年出演してきた古楽器集団ストラディヴァリア!少数精鋭の合唱とのバランス良い駆け引きが、スリリングに生の18世紀フランスの響きを伝えます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。