ホーム > アルバム > Contrastes1201502 ジスモンチ/アルメイダ/カリージョ/タンスマン/ブローウェル/メルリン:ギター作品集(ベルニエ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Contrastes1201502
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ローリンド・アルメイダ Laurindo Almeida , エイトール・ヴィラ=ロボス Heitor Villa-Lobos , アントニー・カリージョ Anthony Carillo , エグベルト・ジスモンチ Egberto Gismonti , アレクサンドル・タンスマン Alexandre Tansman , バーデン・パウエル Baden Powell, , アグスティン・バリオス Agustín Barrios Mangoré , カルロス・ファリーニャス Carlos Fariñas , レオ・ブローウェル Leo Brouwer , デュージャン・ボグダノヴィチ Dušan Bogdanović , ホセ=ルイス・メルリン Jose Luis Merlin , ロドリーゴ・リエラ Rodrigo Riera
編曲者
不詳 Anonymous
Anonymous

ジスモンチ/アルメイダ/カリージョ/タンスマン/ブローウェル/メルリン:ギター作品集(ベルニエ)

Guitar Recital: Bernier, Francisco - GISMONTI, E. / ALMEIDA, L. / CARILLO, A. / TANSMAN, A. / BROUWER, L. / MERLÍN, J.L. (Vals sin nombre)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Contrastes1201502

全トラック選択/解除

 

**:**
水とワイン
1.

Agua e Vinho (Water and Wine)

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4361162
 
**:**
ショーロ・メランコリコ
2.

Choro Melancolico

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375513
 
**:**
星の涙(ギター編)
3.

Como llora una estrella (arr. for guitar)

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375514
 
**:**
カヴァティーナ - 舟歌
4.

Cavatina: Barcarole

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375515
 
**:**
11月のある日
5.

Un dia de Noviembre

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375516
 
**:**
想い出の組曲 - 第1曲 エボカシオン
6.

Suite del recuerdo: I. Evocacion

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375517
 
**:**
前奏曲 ハ短調
7.

Prelude in C Minor

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375518
 
**:**
イントロドゥシオン・アル・ポエマ・ア・ロス・オヨス・デ・ラ・アマーダ
8.

Introduccion al poema a los ojos de la amada

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375519
 
**:**
4つのベネズエラの小品
9.

4 Piezas Venezolanas

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375520
 
**:**
前奏曲 ハ短調
10.

Prelude in C Minor

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375521
 
**:**
サリタリオ
11.

Solitario

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375522
 
**:**
ヴァルス・シン・ノンブレ
12.

Vals sin nombre

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375523
 
**:**
哀しい歌
13.

Cancion triste (Sad Song)

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375524
 
**:**
カヴァティーナ - 舟歌
14.

Cavatina: Barcarole

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375525
 
**:**
ヤノ・モリ
15.

Yano Mori

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375526
 
**:**
感傷的なメロディ(ギター編)
16.

Melodia Sentimental (Sentimental Melody) (arr. for guitar)

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375527
 
**:**
カンシオン・ア・ラウラ
17.

Cancion a Laura

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375528
 
**:**
ヤノ・モリ
18.

Yano Mori

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375529
 
**:**
哀しい歌
19.

Cancion triste (Sad Song)

録音: 145-157 St. John Street, EC1V 4P2 London, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4375530
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: はやしひろし 投稿日:2015/09/09
ラテン系ギター曲の、メロディアスで、メロウな曲ばかりを集めたとてもステキなCD。演奏もとても柔らかく、優しい。はかない哀愁ただよう雰囲気に魅了され、一日中、ずっと流していたい1枚。こんなアルバム大好き。
レビュアー: apo2 投稿日:2015/09/29
こんなに音が綺麗なアルバムを聴いたのは久々だ。丁寧なタッチで抑揚も可憐だ。良いですギターファンは是非御一聴を。
レビュアー: 日本霊異記 投稿日:2016/04/26
最近人気のジスモンチが目当てで聴き始めたら、全曲、あまりに素晴らしくて、ほとんど泣きながら聴いた。統一感もすごい。どこか日本の演歌に通じるような哀切感があふれている。イギリスのレーベルらしいが、この感覚は、現地(南米?)にあるものなのか、それともイギリス人(プロデューサー?)の商売感覚なのか、とても気になる。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。