ホーム > アルバム > DDA25020 チャイコフスキー:交響曲第4番(編曲:S.I. タネーエフ)/幻想的序曲「ロメオとジュリエット」(編曲:N. プルゴリト)(4手のためのチャイコフスキー)(ゴールドストーン/クレモウ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
DDA25020
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky
編曲者
セルゲイ・イヴァノヴィチ・タネーエフ Sergey Ivanovich Taneyev , ナデージダ・プルゴリト Nadezhda Purgold
アーティスト
キャロライン・クレモウ Caroline Clemmow , アンソニー・ゴールドストーン Anthony Goldstone

チャイコフスキー:交響曲第4番(編曲:S.I. タネーエフ)/幻想的序曲「ロメオとジュリエット」(編曲:N. プルゴリト)(4手のためのチャイコフスキー)(ゴールドストーン/クレモウ)

TCHAIKOVSKY, P.I.: Symphony No. 4 (arr. S.I. Taneyev) / Romeo and Juliet (arr. N. Purgold) (Tchaikovsky for 4 Hands) (Goldstone, Clemmow)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DDA25020

全トラック選択/解除

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
交響曲第4番 ヘ短調 Op. 36 (編曲:S.I. タネーエフ)

Symphony No. 4 in F Minor, Op. 36 (arr. S.I. Taneyev)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/370689
**:**
»  I. Andante sostenuto - Moderato con anima
1.

-

**:**
»  II. Andantino in modo di canzone
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Pizzicato ostinato - Allegro
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con fuoco
4.

-

 
**:**
幻想的序曲「ロメオとジュリエット」(1880年第3稿)(N. プルゴリトによる4手ピアノ編)
5.

Romeo and Juliet Fantasy Overture (3rd version, 1880) (arr. N. Purgold for piano 4-hands)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/918227
 
**:**
»  Do not howl, impetuous wind - Vanya - After the feast - A little duckling swimming in the sea - At daybreak - Under the apple-tree - Promenading - Happy Katya - Hailing Vanya
6.

-

 
**:**
歌曲編曲集
7.

At the gate - Floating - A duckling - The green - The abbot - On the blue sea - Song of the Volga boatmen

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/918229
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ビー太郎 投稿日:2020/10/18
この交響曲第4番は、チャイコフスキーの弟子のタネーエフがピアノ用に編曲したものです。レコードが登場する以前は、こういう需要がそれなりにあったのでしょう。でも、やっつけ仕事ではなく、正確に編曲されており違和感はなく、楽しめました。また、「ロメオとジュリエット」の編曲をしたプルゴリトとは、wikiによれば、正式には、ナジェージダ・ニコラーイェヴナ・リームスカヤ=コールサコヴァという女流作曲家で、リムスキー・コルサコフの配偶者だった人です。こちらの編曲も素晴らしく、楽しめました。2人ともチャイコフスキーとの親交があり、曲に対するリスペクトが感じられますね。演奏のゴールドストーンさん、クレモウさんのデュオも息がピッタリで素晴らしいです。たまにはこういうのもいいなと思いました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。