ホーム > アルバム > DDA25118 リムスキー=コルサコフ:シェエラザード/交響曲第2番「アンタール」/ナポリの歌(4手ピアノ版)(クレモウ/ゴールドストーン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
DDA25118
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov
編曲者
ナデージダ・プルゴリト Nadezhda Purgold
アーティスト
キャロライン・クレモウ Caroline Clemmow , アンソニー・ゴールドストーン Anthony Goldstone

リムスキー=コルサコフ:シェエラザード/交響曲第2番「アンタール」/ナポリの歌(4手ピアノ版)(クレモウ/ゴールドストーン)

RIMSKY-KORSAKOV, N.A.: Scheherazade / Symphony No. 2, "Antar" / Neapolitan Song (version for piano 4-hands) (Clemmow, Goldstone)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DDA25118

全トラック選択/解除

ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ - Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov (1844-1908)

**:**
シェエラザード Op. 35 (4手ピアノ版)

Scheherazade, Op. 35 (version for piano 4-hands)

録音: 1990, Royal Northern College of Music, Manchester, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3778310
**:**
»  I. Largo e maestoso
1.

-

**:**
»  II. Lento
2.

-

**:**
»  III. Andantino quasi allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Allegro molto
4.

-

 
**:**
交響曲第2番 「アンタール」 Op. 9 (N. プルゴリトによる4手ピアノ編)

Symphony No. 2, Op. 9, "Antar" (arr. N. Purgold for piano 4-hands)

録音: 2013, St. John the Baptist Church, Alkborough, North Lincolnshire, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3778311
**:**
»  I. The Desert - The Rescue - Gul-Nazar's Gifts
5.

-

**:**
»  II. The Joy of Vengeance
6.

-

**:**
»  III. The Joy of Power
7.

-

**:**
»  IV. The Joy of Love - Antar's Death
8.

-

 
**:**
ナポリの歌 Op. 63 (4手ピアノ版)
9.

Neapolitanskaya pesenka (Neapolitan song), Op. 63 (version for piano 4-hands)

録音: 1990, Royal Northern College of Music, Manchester, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3778312
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/01/01
19世紀、今のようにCDなどがない時代は、各家庭で手軽に音楽を楽しむために、オーケストラ作品をピアノや室内楽作品に編曲することが一般的に行われていました。その代表的なものはフランツ・リストの一連の作品ですが、他にも多くの作曲家、編曲家による素晴らしい「ピアノ編曲版」が存在します。このリムスキー=コルサコフ(1844-1908)の作品もそのようなもので、シェエラザードが初演された際、その人気の高さからこの4手版に着手したのですが、とても複雑な仕事であったためオペラの作曲を2週間中断しなくてはいけなかったそうです。また、交響曲「アンタール」のピアノ編曲版は、作曲中に結婚したナジェージダ・プルゴリト(彼女も才能ある作曲家、ピアニストだった)に託され、結果的に見事な仕上がりを見せています。「ナポリの歌」は彼の死の半年前の作品であり、このメロディはあの"有名な曲"から取られています。彼自身はこの作品に不満を抱いていたようですが、諧謔性に富んだ素晴らしい曲想は、あのリヒャルト・シュトラウス作品に匹敵するものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。