ホーム > アルバム > DDA25138 メンデルスゾーン:演奏会用小品/R. シュトラウス:ソナチネ第1番/アダムズ:こぶだらけのボタン(ジョーダン/マーシュ/ノーザン室内管弦楽団/バーロウ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
DDA25138
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
吹奏楽, 器楽曲, 室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジョン・アダムズ John Adams , リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss , ケヴィン・マローン Kevin Malone , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
アーティスト
エリザベス・ジョーダン Elizabeth Jordan , ノーザン室内管弦楽団 Northern Chamber Orchestra , ステファン・バーロウ Stephen Barlow , リンゼイ・マーシュ Lynsey Marsh

メンデルスゾーン:演奏会用小品/R. シュトラウス:ソナチネ第1番/アダムズ:こぶだらけのボタン(ジョーダン/マーシュ/ノーザン室内管弦楽団/バーロウ)

MENDELSSOHN, Felix: Concert Piece, Op. 113 / STRAUSS, R.: Sonatina No. 1 / ADAMS, J.: Gnarly Buttons (Mind Music) (E. Jordan, L. Marsh, Barlow)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DDA25138

全トラック選択/解除

Disc 1

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
演奏会用小品 ヘ短調 Op. 113

Concert Piece in F Minor, Op. 113, MWV Q23

録音: 4-5 April 2016, St. Thomas's Church, Stockport, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5603128
**:**
»  I. Allegro di molto
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto
3.

-

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
ソナチネ第1番 ヘ長調 「傷病兵の仕事場より」 TrV 288

Sonatina No. 1 in F Major, TrV 288, "Aus der Werkstatt eines Invaliden"

録音: 4-5 April 2016, St. Thomas's Church, Stockport, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5603142
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Romanze und Menuetto: Andante - Tempo di Menuetto
5.

-

**:**
»  III. Finale: Molto Allegro
6.

-

Disc 2

ジョン・アダムズ - John Adams (1947-)

**:**
こぶだらけのボタン

Gnarly Buttons

録音: 4-5 April 2016, St. Thomas's Church, Stockport, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5603143
**:**
»  I. The Perilous Shore
1.

-

**:**
»  II. Hoedown (Mad Cow)
2.

-

**:**
»  III. Put Your Loving Arms Around Me
3.

-

**:**
ラスト・メモリー
4.

The Last Memory

録音: 4-5 April 2016, St. Thomas's Church, Stockport, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5603144
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/03/01
「退行性脳疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病など)」の治癒研究のための資金を調達するために/リリースされるアルバムです(2人のソリストは共に両親をこの病で失い、研究の発展を望んでいます)。/収録作品の作曲家も、脳出血で命を落としたメンデルスゾーンを始め、本人もしくは家族が脳疾患に悩まされたとされる人たち。しかしその作品はどれもユーモアと希望に溢れており、この録音の目的にもぴったり沿うものです。中でもリヒャルト・シュトラウスの「傷病兵の仕事場より」は、ガルミッシュの山中で療養生活を送っていた彼が自虐的に書いた曲ですが、管楽器奏者たちにとっては重要なレパートリー。対になる「楽しい仕事場」とともに、親密な雰囲気で演奏されることの多い作品です。 

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。