ホーム > アルバム > DDA25173 アルチョーモフ:レクイエム(スヴェシニコフ少年男性合唱団/カナウス国立合唱団/モスクワ・フィル/キタエンコ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
DDA25173
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヴャチェスラーフ・リェトローヴィチ・アルチョーモフ Vyacheslav Petrovich Artyomov
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
アンドレイ・アゾフスキー Andrey Azovsky , カナウス国立合唱団 Kaunas State Choir , ドミートリー・キタエンコ Dmitri Kitayenko , リュボフ・シャミナ Lyubov Shamina , スヴェシニコフ少年男性合唱団 Sveshnikov Boys and Men's Choir , エレーナ・ブリリョヴァ Yelena Brilyova , インナ・ポリャンスカヤ Inna Polianskaya , アレクセイ・マルティノフ Alexei Martynov , モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 Moscow Philharmonic Orchestra , オレグ・ヤンチェンコ Oleg Yanchenko , ミハイル・ランスコイ Mikhail Lanskoi

アルチョーモフ:レクイエム(スヴェシニコフ少年男性合唱団/カナウス国立合唱団/モスクワ・フィル/キタエンコ)

ARTYOMOV, V.P.: Requiem (Sveshnikov Boys and Men's Choir, Kaunas State Choir, Moscow Philharmonic Orchestra, Kitayenko)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DDA25173

全トラック選択/解除

**:**
レクイエム

Requiem

録音: 1988, House of Soundrecording, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6809267
**:**
»  I. Introitus: Requiem Aeternam
1.

-

**:**
»  II. Kyrie et Sequentia: Kyrie Eleison
2.

-

**:**
»  III. Kyrie et Sequentia: Dies Irae I
3.

-

**:**
»  IV. Kyrie et Sequentia: Dies Irae II
4.

-

**:**
»  V. Kyrie et Sequentia: Tuba Mirum
5.

-

**:**
»  VI. Kyrie et Sequentia: Recordare, Jesu Pie
6.

-

**:**
»  VII. Kyrie et Sequentia: Confutatis Maledictis
7.

-

**:**
»  VIII. Kyrie et Sequentia: Lacrimosa Dies Illa
8.

-

**:**
»  IX. Offertorium: Domine Jesu Christe
9.

-

**:**
»  X. Offertorium: Hostias et Preces
10.

-

**:**
»  XI. Sanctus: Sanctus Dominus Deus Sabaoth
11.

-

**:**
»  XII. Sanctus: Benedictus
12.

-

**:**
»  XIII. Agnus Dei
13.

-

**:**
»  XIV. Libera Me: Libera Me
14.

-

**:**
»  XV. Libera Me: Requiem Aeternam
15.

-

**:**
»  XVI. In Paradisum
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
20世紀ロシアに生まれ、目覚ましい活躍をした作曲家アルチョーモフ。MELODIYAに録音されたライヴ音源をDIVINEARTレーベルが復刻。その偉業を改めて讃えるというシリーズの第7弾は、彼の代表作の一つ「レクイエム」です。マーラーやメシアンを思わせる色彩的なオーケストレーション、ロシア風の重厚な和声、壮麗な合唱を伴うこの作品は、ロシアの殉教者たちに捧げられており、“ロシア人が書いた最初のレクイエム”であるとされています。全編エキサイティングでありながら、哀しみと癒しも漂う美しい作品です。キタエンコら初演者たちによる演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。