ホーム > アルバム > DDA25204 フローベルガー:ファンタジアとカンツォーナ全集(チャールストン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
DDA25204
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヨハン・ヤーコプ・フローベルガー Johann Jacob Froberger
アーティスト
テレンス・チャールストン Terence R. Charlston

フローベルガー:ファンタジアとカンツォーナ全集(チャールストン)

FROBERGER, J.J.: Fantasias and Canzonas (Complete) (Charlston)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DDA25204

全トラック選択/解除

ヨハン・ヤーコプ・フローベルガー - Johann Jacob Froberger (1616-1667)

**:**
トッカータ、ファンタジー、カンツォーネ、アルマンド・クーラント、サラバンドジーグとパルティータ第2巻(抜粋)

Libro di toccate, fantasie, canzone, allemande, courante, sarabande, gigue et altre partite, Book 2 (excerpts)

録音: 9-11 October 2019, Royal College of Music Studios, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829230
**:**
»  Fantasia No. 1 in C Major, FbWV 201
1.

-

**:**
»  Fantasia No. 2 in A Minor, FbWV 202
2.

-

**:**
»  Fantasia No. 3 in F Major, FbWV 203
3.

-

**:**
»  Fantasia No. 4 in G Major, FbWV 204
4.

-

**:**
»  Fantasia No. 5 in A Minor, FbWV 205
5.

-

**:**
»  Fantasia No. 6 in A Minor, FbWV 206
6.

-

 
**:**
幻想曲第7番 ト長調 FbWV 207
7.

Fantasia in G Major, FbWV 207

録音: 9-11 October 2019, Royal College of Music Studios, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7850005
 
**:**
ファンタジア ニ短調 FbWV 208
8.

Fantasia in D Minor, FbWV 208

録音: 9-11 October 2019, Royal College of Music Studios, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7850006
**:**
»  Canzona No. 1 in D Minor, FbWV 301
9.

-

**:**
»  Canzona No. 2 in G Minor, FbWV 302
10.

-

**:**
»  Canzona No. 3 in F Major, FbWV 303
11.

-

**:**
»  Canzona No. 4 in G Major, FbWV 304
12.

-

**:**
»  Canzona No. 5 in C Major, FbWV 305
13.

-

**:**
»  Canzona No. 6 in A Minor, FbWV 306
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/02/01
バロック初期の鍵盤音楽の大家、フローベルガーの『ウィーン写本第2巻』(1649年9月19日)より、初のクラヴィコード録音によるファンタジアとカンツォン全集が登場。フローベルガーはドイツで生まれ、ローマでフレスコバルディ門下生として学び、その後も様々な場所を旅したコスモポリタン。バッハやスカルラッティにも多大な影響を与えた作曲家です。この録音では、ベルリン楽器博物館が所蔵する南ドイツ製のクラヴィコードをアンドレアス・ヘルメットが2009年に復元した楽器を使用。クラヴィコードはサイズと音量が小さいものの、広いダイナミック・レンジを持ち、ヴィヴラート奏法をマスターすれば微妙なニュアンスを表現できる楽器であり、フローベルガーの対位法的な作品演奏には向いていると言えます。この楽器を操るのはイギリスのオルガニストであり、ロンドン・バロックのメンバーとして活躍するテレンス・チャールストン。400回以上のコンサートに出演する名手です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。