ホーム > アルバム > DOR-90167 R. シュトラウス:ピアノ四重奏曲 Op. 13/ヴィドール:ピアノ四重奏曲 Op. 66 (エイムズ・ピアノ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
DOR-90167
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
シャルル=マリー・ヴィドール Charles-Marie Widor , リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss
アーティスト
エイムズ・ピアノ四重奏団 Ames Piano Quartet, The

R. シュトラウス:ピアノ四重奏曲 Op. 13/ヴィドール:ピアノ四重奏曲 Op. 66 (エイムズ・ピアノ四重奏団)

STRAUSS, R.: Piano Quartet, Op. 13 / WIDOR, C.-M.: Piano Quartet, Op. 66 (The Ames Piano Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DOR-90167

全トラック選択/解除

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
ピアノ四重奏曲 ハ短調 Op. 13 TrV 137

Piano Quartet in C Minor, Op. 13, TrV 137

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386882
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Presto
2.

-

**:**
»  III. Andante
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Vivace
4.

-

シャルル=マリー・ヴィドール - Charles-Marie Widor (1844-1937)

**:**
ピアノ四重奏曲 イ短調 Op. 66

Piano Quartet in A Minor, Op. 66

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/900404
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Vivace
7.

-

**:**
»  IV. Allegro ma non troppo
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2011/03/13
ヴィドールのピアノ四重奏曲をどうぞ。1844年フランス、リヨン出身の作曲家、オルガン奏者兼教師。1937/3/12パリで他界。オルガニストの父に手ほどきを受け11才でリヨンの教会オルガニストに。19才から一年間ブリュッセル音楽院に留学、25才でパリの聖シュルピス教会の終身オルガニストに就く一方、パリ音楽院のオルガン科、作曲科教授に就任。アルバート・シッバイツァー博士は門下生の一人です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。