ホーム > アルバム > DOR-90223 ガーシュウィン:歌劇「ポーギーとベス」(編曲:A. リットン)(ダラス響/リットン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
DOR-90223
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin
作詞家
アイラ・ガーシュウィン Ira Gershwin , デュポーズ・ヘイワード DuBose Heyward
編曲者
アンドリュー・リットン Andrew Litton
アーティスト
デーモン・エヴァンス Damon Evans , シンシア・クラレイ Cynthia Clarey , ダラス交響楽団 Dallas Symphony Orchestra , ダラス交響合唱団 Dallas Symphony Chorus , ケヴィン・ビオール Kevin Beall , シンシア・ヘイモン Cynthia Haymon , アンドリュー・リットン Andrew Litton , Jan K. Hacke , Gordon Hawkins

ガーシュウィン:歌劇「ポーギーとベス」(編曲:A. リットン)(ダラス響/リットン)

GERSHWIN, G.: Porgy and Bess (arr. A. Litton)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DOR-90223

全トラック選択/解除

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
歌劇「ポーギーとベス」(編曲:A. リットン)

Porgy and Bess (arr. A. Litton)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/391795
**:**
»  Act I Scene 1: Introduction - Jasbo Brown
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Summertime
2.

-

**:**
»  Act I Scene 1: A Woman is a Sometime Thing
3.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Gone, Gone, Gone
4.

-

**:**
»  Act I Scene 1: My Man's Gone Now
5.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Leavin' for the Promise Lan'
6.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Oh I Got Plenty O' Nuttin'
7.

-

**:**
»  Act II: Scene 1: Bess, You is My Woman Now
8.

-

**:**
»  Act II: Scene 1: Oh, I Can't Sit Down
9.

-

**:**
»  Act II Scene 2: I Ain't Got No Shame
10.

-

**:**
»  Act II Scene 2: It Ain't Necessarily So
11.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Shame On All You Sinners
12.

-

**:**
»  Act II Scene 3: I Loves You, Porgy
13.

-

**:**
»  Act II Scene 4 - Act III Scene 1
14.

-

**:**
»  Act III Scene 2: There's a Boat Dat's Leavin' Soon for New York
15.

-

**:**
»  Act III Scene 3: Orchestral Introduction
16.

-

**:**
»  Act III, Scene 3: Good Mornin', Sistuh
17.

-

**:**
»  Act III Scene 3: Oh Lawd, I'm On My Way!
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tanukawa 投稿日:2010/02/21
ガーシュウィンのオペラ「ポーギーとベス」は全部で3時間を超える大作。魅力的な曲がちりばめられたガーシュウィンの、いえアメリカ20世紀音楽を代表する1曲です。でも、長い。おまけに物語にそれほど魅力がない。だからこんな美味しい所を拾い上げた演奏は、まずは聴いてみようという気が起きる分だけいいですね。そのほかに色々聴きやすいように編曲がされているところがあります。まずはこの演奏で曲の魅力を知ってその上でマゼールなりラトルなりの全曲盤に行くのも立派なオペラの楽しみ方だと思います。演奏は秀逸です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。