ホーム > アルバム > DSL-92198 マックレイ/レミニック/ハイドン/フィッシャー=ロックヘッド:室内楽作品集(スペクトラル四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
DSL-92198
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , クリス・フィッシャー=ロックヘッド Chris Fisher-Lochhead , スカイ・マックレイ Sky Macklay , デイヴィッド・レミニック David Reminick
作詞家
Russell Edson
アーティスト
スペクトラル四重奏団 Spektral Quartet

マックレイ/レミニック/ハイドン/フィッシャー=ロックヘッド:室内楽作品集(スペクトラル四重奏団)

Chamber Music - MACKLAY, S. / REMINICK, D. / HAYDN, J. / FISHER-LOCHHEAD, C. (Serious Business) (Spektral Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DSL-92198

全トラック選択/解除

**:**
メニー・メニー・ケイデンス
1.

Many Many Cadences

録音: 3-7 August 2015, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4545211
**:**
アンセストラル・マウストラップ

The Ancestral Mousetrap

録音: 3-7 August 2015, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4545212
**:**
»  No. 1. Killing the Ape
2.

-

**:**
»  No. 2. The Old Woman's Breakfast
3.

-

**:**
»  No. 3. Oh My God I'll Never Get Home
4.

-

**:**
»  No. 4. Bringing a Dead Man Back Into Life
5.

-

**:**
»  No. 5. The Ancestral Mousetrap
6.

-

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
弦楽四重奏曲第30番 変ホ長調 「冗談」 Op. 33 No. 2, Hob.III:38

String Quartet No. 30 in E-Flat Major, Op. 33, No. 2, Hob.III:38, "The Joke"

録音: 3-7 August 2015, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4545213
**:**
»  I. Allegro moderato
7.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro
8.

-

**:**
»  III. Largo e sostenuto
9.

-

**:**
»  IV. Presto
10.

-

**:**
ハック

Hack

録音: 3-7 August 2015, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4545214
**:**
»  Set 1: No. 1. Lenny Bruce
11.

-

**:**
»  Set 1: No. 2. Sarah Silverman
12.

-

**:**
»  Set 1: No. 3. Dave Chappelle
13.

-

**:**
»  Set 2: No. 4. George Carlin
14.

-

**:**
»  Set 2: No. 5. Robin Williams No. 1
15.

-

**:**
»  Set 2: No. 6. Dick Gregory
16.

-

**:**
»  Set 2: No. 7. Professor Irwin Corey
17.

-

**:**
»  Set 3: No. 8. Rodney Dangerfield Nos. 1-2
18.

-

**:**
»  Set 3: No. 9. Sam Kinison
19.

-

**:**
»  Set 3: No. 10. Rodney Dangerfield No. 3
20.

-

**:**
»  Set 3: No. 11. Redd Foxx
21.

-

**:**
»  Set 3: No. 12. Rodney Dangerfield Nos. 4-5
22.

-

**:**
»  Set 3: No. 13. Kumail Nanjiani
23.

-

**:**
»  Set 3: No. 14. Rodney Dangerfield Nos. 6-7
24.

-

**:**
»  Set 3: No. 15. Mort Sahl
25.

-

**:**
»  Set 3: No. 16. Rodney Dangerfield No. 8
26.

-

**:**
»  Set 3: No. 17. Susie Essman
27.

-

**:**
»  Set 3: No. 18. Rodney Dangerfield No. 9
28.

-

**:**
»  Set 4: No. 19. Richard Pryor
29.

-

**:**
»  Set 4: No. 20. Robin Williams No. 2
30.

-

**:**
»  Set 4: No. 21. Ms. Pat
31.

-

**:**
»  Set 4: No. 22. Tig Notaro
32.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/12/01
このアルバムの解説に「"シリアス・ビジネス"は面白いアルバムではありません」と書いてありますが、これをそのまま鵜呑みにするわけにもいかないでしょう。これらの曲が周到に集められた意図を読み取ることはとても難しいのですが、とりあえずは色々な視点から眺めた(彼らによる)音楽というものを楽しんでみるほかありません。各々の作品のタイトルも随分思わせぶりですが、これもどうも聴き手を混乱させて楽しんでいるような雰囲気です。最も耳触りのよいハイドンの弦楽四重奏曲も「冗談」というのも出来すぎています。あまりにもよい音で収録されているのも・・・これも何かの冗談なのかもしれませんね。スペクトラル弦楽四重奏団の演奏は恐ろしいほどに正確で精緻です。時折聞こえる歌声ももちろん彼らのものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。