ホーム > アルバム > DSL-92232 ビャルナソン/ラグナルスドッティル/ジーグルトソン/スヴェインビャルナルドッティル/トウマソン:弦楽四重奏曲集(シッギ弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
DSL-92232
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヴァルゲイル・ジーグルトソン Valgeir Sigurðsson , ウナ・スヴェインビャルナルドッティル Una Sveinbjarnardóttir , ヘイクル・トウマソン Haukur Tómasson , ダニエル・ビャルナソン Daniel Bjarnason , ディス・マミコ・ラグナルスドッティル Mamikó Dís Ragnarsdóttir
アーティスト
シッギ弦楽四重奏団 Siggi String Quartet

ビャルナソン/ラグナルスドッティル/ジーグルトソン/スヴェインビャルナルドッティル/トウマソン:弦楽四重奏曲集(シッギ弦楽四重奏団)

Chamber Music (String Quartet) - BJARNASON, D. / RAGNARSDÓTTIR, M.D. / SIGURÐSSON, V. / SVEINBJARNARDÓTTIR, U. (South of the Circle) (Siggi Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DSL-92232

全トラック選択/解除

ダニエル・ビャルナソン - Daniel Bjarnason (1980-)

**:**
スティルショット
1.

Stillshot

録音: 10-14 June 2018
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7138177
**:**
オパシティ

Ōpacity

録音: 10-14 June 2018
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7138178
**:**
»  I. More
2.

-

**:**
»  II. Ōpacity
3.

-

**:**
»  III. Elegia
4.

-

**:**
»  IV. Less
5.

-

ヴァルゲイル・ジーグルトソン - Valgeir Sigurðsson (1971-)

**:**
ネブラスカ

Nebraska

録音: 10-14 June 2018
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7138179
**:**
»  I. Flat Water
6.

-

**:**
»  II. Landlocked
7.

-

**:**
»  III. Erosion
8.

-

**:**
»  IV. Plainsong
9.

-

ディス・マミコ・ラグナルスドッティル - Mamikó Dís Ragnarsdóttir (1984-)

**:**
フェアー・フラワーズ
10.

Fair Flowers

録音: 10-14 June 2018
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7138180

ヘイクル・トウマソン - Haukur Tómasson (1960-)

**:**
セリモニア
11.

Serimonia

録音: 10-14 June 2018
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7138181
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/07/01
2012年、レイキャビクで開催された「ヤング・スカンジナビア・コンポーザー・フェスティヴァル」でデビューしたシッギ弦楽四重奏団は、現代の作曲家と積極的にコラボレーションし、多くの委嘱作を初演しています。彼らはルネサンスから古典派、ロマン派の作品も演奏しますが、何より20世紀から21世紀のレパートリーに情熱を傾けており、即興演奏やエレクトロニクスなども取り入れた実験的な演奏にも力を注いでいます。このアルバムに収録された5人の作曲家の作品は、彼らにとってまさに腕の見せ所といったもので、シャコンヌの形式を模した「Stillshot」、断片的な旋律を残しながら混沌の中にに沈んでいく旋律でアイスランドの野に咲く花を描いた「Fair Flowers」、ミニマル要素の強いスヴェインビャルナルドッティルの「?pacity」、アルバム中では最も旋律的なジーグルトソンの「ネブラスカ」、緊張感溢れる「セリモニア」のどれもが主張の強い音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。