ホーム > アルバム > DSL-92244 ダウランド/マクファーレン/シェパード:リュートとヴィオラ・ダ・ガンバのための作品集(マクファーレン/サリック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
DSL-92244
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
デュアン・オールマン Duane Allman , ターロック・オキャロラン Turlough Carolan , シャルル=フランソワ・グノー Charles-François Gounod , キャロリーン・アンダーソン・サリック Carolyn Anderson Surrick , デイヴ・シェパード Dave Shepherd , ジョン・ダウランド John Dowland , ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann , 伝承 Traditional , ハンス・レオ・ハスラー Hans Leo Hassler , ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach , ロン・マクファーレン Ronn McFarlane , マラン・マレ Marin Marais , ロバート・ロビンソン Robert Robinson
編曲者
不詳 Anonymous , ロン・マクファーレン Ronn McFarlane
アーティスト
キャロリーン・アンダーソン・サリック Carolyn Anderson Surrick , ロン・マクファーレン Ronn McFarlane

ダウランド/マクファーレン/シェパード:リュートとヴィオラ・ダ・ガンバのための作品集(マクファーレン/サリック)

Lute and Viola da Gamba Recital: McFarlane, Ronn / Surrick, Carolyn Anderson - DOWLAND, J. / MCFARLANE, R. / SHEPHERD, D. (Fermi's Paradox)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DSL-92244

全トラック選択/解除

ロン・マクファーレン - Ronn McFarlane (1953-)

**:**
Fermi's Paradox
1.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262723

伝承 - Traditional

**:**
She Move Through the Fair - John Barleycorn (arr. for lute and viola da gamba)
2.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262724

伝承 - Traditional / キャロリーン・アンダーソン・サリック - Carolyn Anderson Surrick (1950-) / マラン・マレ - Marin Marais (1656-1728)

**:**
Gånglåt efter Hamare - The Last Day - Gigue la petite
3.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262725

伝承 - Traditional

**:**
Blackwater Slide (arr. R. Mcfarlane for lute and viola da gamba)
4.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262726

デイヴ・シェパード - Dave Shepherd

**:**
The Rose of Raby
5.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262727

伝承 - Traditional

**:**
Amazing Grace (arr. for lute and viola da gamba)
6.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262728

ロン・マクファーレン - Ronn McFarlane (1953-)

**:**
Daniel's Chaccone
7.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262729
 
**:**
Trinity Grove
8.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262730

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
Essercizii musici: Viola da Gamba Sonata in E Minor, TWV 41:e5: III. Recitativo - Arioso
9.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262731

ジョン・ダウランド - John Dowland (1563-1626)

**:**
ダウランドのオリヴァー・クロムウェル先生への別れ

Dowland's Adieu for Master Oliver Cromwell

録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262732
**:**
»  Dowland's Adieu for Master Oliver Cromwell, P. 13
10.

-

ハンス・レオ・ハスラー - Hans Leo Hassler (1564-1612)

**:**
O sacred head sore wounded (Tune: Passion Chorale: Herzlich thut mich verlangen) (arr. for lute and viola da gamba)
11.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262733

ロバート・ロビンソン - Robert Robinson / 伝承 - Traditional

**:**
Come Thou Fount of Every Blessing - Sjungar-Lars Visa (arr. for lute and viola da gamba)
12.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262734
**:**
Little Martha (arr. for lute and viola da gamba)
13.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262735

ターロック・オキャロラン - Turlough Carolan (1670-1738)

**:**
Planxty O'Rourke, 2nd Air
14.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262736

シャルル=フランソワ・グノー - Charles-François Gounod (1818-1893) / ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
Ave Maria (arr. for lute and viola da gamba)
15.
録音: 15-19 June 2020, Sono Luminus Studios, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8262737
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/09/01
2020年1月、アンサンブル・ガリレイのメンバーの一人、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者のサリックは、リュート奏者マクファーレンに「4月になったら皆でコンサートをしましょう」と電話で持ちかけました。2人は比較的近所に住んでいたためすぐさまリハーサルを始めたのですが、2月になると本格的に新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が猛威を振るい始めたため、世界中に散らばるアンサンブル・ガリレイの奏者たちを集めるのは困難になってしまいました。そのためコンサートをあきらめ、2人だけで6月にレコーディングをすることにしたといいます。しかし、実際の2人には録音するための共通するレパートリーがあまり多くなく、レコーディング計画は頓挫するかに見えました。そこで、マクファーレンは様々な新たな曲を創り上げた他、二人がお気に入りの曲をこのアルバムのために編曲、通常の"アンサンブル・ガリレイ"のアルバムのような、フィドルやリコーダーが参加することのない、このリュートとガンバのみによる古楽と伝統音楽が融合するユニークなアルバムが完成したということです。*1990年に設立されたアンサンブル・ガリレイは、クラシックとケルトの両方のバックグラウンドを持つプレーヤーのアンサンブルであり、アイルランドとスコットランドの旋律とダンスチューン、中世の音楽、オリジナルの楽曲を演奏、高い人気を誇ります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。