ホーム > アルバム > DSL-92254 チャピ:弦楽四重奏曲第3番、第4番(ラテン・アメリカ弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
DSL-92254
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ルペルト・チャピ Ruperto Chapi
アーティスト
ラテンアメリカ四重奏団 Cuarteto Latinoamericano

チャピ:弦楽四重奏曲第3番、第4番(ラテン・アメリカ弦楽四重奏団)

CHAPI, R.: String Quartets Nos. 3 and 4 (Cuarteto Latinoamericano)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/DSL-92254

全トラック選択/解除

ルペルト・チャピ - Ruperto Chapi (1851-1909)

**:**
弦楽四重奏曲第3番 ニ長調

String Quartet No. 3 in D Major

録音: 14-16 January 2014, Sono Luminus Studio, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9210401
**:**
»  I. Grave - Allegro assai
1.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Allegro moderato
2.

-

**:**
»  III. Larghetto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro vivace
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第4番 ロ短調

String Quartet No. 4 in B Minor

録音: 14-16 January 2014, Sono Luminus Studio, Boyce, Virginia, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9210402
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Allegretto
6.

-

**:**
»  III. Allegretto animato
7.

-

**:**
»  IV. Allegro vivo
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/04/01
スペインの作曲家チャピは主にサルスエラ(スペイン語によるスペイン風オペラ)作曲家として活躍しましたが、その長いとは言えない生涯の晩年に弦楽四重奏曲を4曲作曲しています。第3番はニ長調を採りながら短調に傾斜した激しく悲劇的な雰囲気の濃い作品。緩徐楽章を持たない第4番はロ短調ながら軽妙さや躍動感のある作品です。演奏する「ラテン・アメリカ弦楽四重奏団」はその名の通り、ヴィラ=ロボスやチャベスなどの南米の音楽と、その基になったスペインの音楽を得意とするアンサンブルです。メキシコ人の3兄弟を中心として1982年に結成、以降独自のレパートリーを開拓、幾度もグラミー賞にノミネートされるほどの実力を持っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。