ホーム > アルバム > ETP001 シュタンゲル:リリス協奏曲/キャバレー・ヴォルテール/春の辻馬車(ティクティナー/ラウダレス/ウィルゲンブス/サルヴァトーリ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
ETP001
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 室内楽, 協奏曲
作曲家
ペーター・シュタンゲル Peter Stangel
アーティスト
ドミニク・ウィルゲンブス Dominik Wilgenbus , ヤコポ・サルヴァトーリ Jacopo Salvatori , マーク・ティクティナー Mark Tiktiner , ヘンリー・ラウダレス Henry Raudales

シュタンゲル:リリス協奏曲/キャバレー・ヴォルテール/春の辻馬車(ティクティナー/ラウダレス/ウィルゲンブス/サルヴァトーリ)

STANGEL, P.: Lilith Concerto / Cabaret Voltaire / Le fiacre du printemps (Kompositionen 2006-2015) (Tiktiner, Raudales, Wilgenbus, Salvatori)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ETP001

全トラック選択/解除

**:**
リリス協奏曲

Lilith Concerto

録音: 16 February 2014, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4660287
**:**
»  I. Der Traum
1.

-

**:**
»  II. Die Verbannung
2.

-

**:**
»  III. Der Dämon
3.

-

**:**
»  IV. Die Klage
4.

-

 
**:**
ドリブリング
5.

Dribbling

録音: 16 February 2014, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4661658
 
**:**
Rede des toten Christus vom Weltgebaude herab
6.

Rede des toten Christus vom Weltgebäude herab

録音: 16 February 2014, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4661659
 
**:**
キャバレー・ヴォルテール

Cabaret Voltaire

録音: 16 February 2014, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4661660
**:**
»  Ouvertüre
7.

-

**:**
»  So sterben wir, wir sterben alle Tage
8.

-

**:**
»  Entr'act zum 2. Aufzug
9.

-

**:**
»  Satie
10.

-

**:**
»  Finale des 2. Aktes, Grand Valse
11.

-

**:**
»  Wenn ich nur wusst, wer du wirklich bist (Arie von Monique-Fleur)
12.

-

**:**
»  Kann sie mir je verzeih'n? - Monique-Fleur, ich lieb dich seur
13.

-

**:**
»  Finale: Auftritt der Dadaisten - Ob in Cabaret, Kunst oder Leben
14.

-

 
**:**
春の辻馬車

Le fiacre du printemps

録音: 16 February 2014, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4661661
**:**
»  I. Tempo giusto
15.

-

**:**
»  II. Blues
16.

-

**:**
»  III. Capriccio
17.

-

**:**
»  IV. Le fiacre du printemps
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/12/01
難解な響きの中に、ユーモラスな音の遊びが感じられる作品集。中でも、現代に甦った強力な音を発するハープシコードを独奏に据えた「春の辻馬車」は必聴です。シュタンゲルの求める音が集約された作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。