ホーム > アルバム > ETP004 マーラー:交響曲第7番(タッシェン・フィル/シュタンゲル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ETP004
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
ペーター・シュタンゲル Peter Stangel , タッシェン・フィルハーモニー Taschenphilharmonie, Die

マーラー:交響曲第7番(タッシェン・フィル/シュタンゲル)

MAHLER, G.: Symphony No. 7 (Die Taschenphilharmonie, Stangel)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ETP004

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」

Symphony No. 7 in E Minor

録音: 19-20 January 2013, Munich
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4640495
**:**
»  I. Langsam - Allegro con fuoco
1.

-

**:**
»  II. Nachtmusik: Allegro moderato
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Schattenhaft
3.

-

**:**
»  IV. Nachtmusik: Andante amoroso
4.

-

**:**
»  V. Rondo - Finale
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: anton 投稿日:2016/03/20
同じレーベルのベト7やモーツァルトが、弦楽器各パート1名だったのだが、マーラー7番という大編成の曲ではまさか、と思った。これが、その、まさかだった。ところどころ、聞き慣れた演奏とは別の音が鳴っている。新しい楽譜でもあるのだろうか?かなりよく練習したと思われ、表現が練ってある。一聴をおすすめする。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/12/01
聴き手の誰もが驚く「史上最小のマーラー第7番」。彼らの特徴が端的に現れたアルバムです。極限まで肥大化した音がここまですっきりするとは!第4楽章の涼しげな音に注目。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。